« 買ったもの | トップページ | 『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』読了 »

2009.01.16

『ばけらの!』読了

51eem95x8al

ばけらの!』(杉井光/GA文庫)読了。

2巻を買ったのであわてて1巻を読んだ。面白い。面白いんだが『さくらファミリア!』と同様に力が抜け切った内容であった。しかも、こっちは題材が題材だけにやたらとメタ的なネタ(変な表現…)が多かった。登場人物たちが自分たちを小説の中の存在だと言うことを前提としたトークを繰り広げるものだから、読者としては、ツッコミを入れること自体がバカバカしくなってくるぜ!だがそこがいい。この徹底的に戯画化した(まあモデルがモデルだし…)キャラクターの濃さというか、その奇人変人ぶりを鑑賞する小説だと読んだ。ようするに出オチキャラで構成されているんだな…。この濃ゆいキャラたちの元ネタについては分かる人もいるしわからない人もいるけど、そのあたり、どこまで現実を参考にしているのか考えながら読むのも面白いだろうなー。例えば、Mさん語はあれで日常会話が出来るのだろうか?とか考えると面白い…ような気もする。まあいいや。キャラがしょーもない会話をしているのを延々眺めるだけ、という割り切り方が心地良い作品なので、疲れた時に読むのがオススメです。

どうでもいいんだけど、直前に『さくらファミリア!』を読んだせいもあるのかもしれないのだが、杉井光の書く小説の主人公って、全員同じキャラクタなのな。『神様のメモ帳』も『さよならピアノソナタ』も『さくらファミリア!』も『ばけらの!』も、ぜんぶ主人公のキャラクターが同じ。男主人公の書き分けが出来ないのか…あるいは、基本的に杉井光は私小説作家と言うか、自分の投影しないと書けないのか…。まあ、そういうところも面白いなーと思ったのだった。

|

« 買ったもの | トップページ | 『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』読了 »

コメント

“主人公が同じ”の件,『さよならピアノソナタ2』の〈あとがき〉で自ら述べていますので,少なくとも自覚的に書いているようでありますけれど……

投稿: GenOishi | 2009.01.17 00:53

ありゃ、すでに作者自身が言及していましたか。見落としていました。あとで調べてみます。

主人公のキャラクターは”同じ”と言うよりも極度にニュートラルな、個性らしい個性が見えてこないんですよね。そういうところが、杉井光の作品が”ギャルゲーっぽい”と言われる原因なのではないかと思うのですけど。

投稿: 吉兆 | 2009.01.18 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43761074

この記事へのトラックバック一覧です: 『ばけらの!』読了:

« 買ったもの | トップページ | 『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』読了 »