« 『機動戦士ガンダムUC(7)黒いユニコーン』読了 | トップページ | 『放課後の魔術師(2) シャットダウン・クライシス』読了 »

2009.01.24

『ムゲンのセンカ(1)』読了

51tgw62bfnpl

ムゲンのセンカ(1)』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

好きだった女の子が平行世界からやってきた!それもたくさん!と言うわけでハーレム状態のバトルヒロイン物語の始まり。設定的に奇抜なところは無いけれども、それゆえ安定して楽しめる作品。いつもの六塚光作品だなあ。描写をもっとつっこめそうなところをあえて流す淡白さは健在だ。もっとも物語がまだ始まったばかりなので、それがユーモアにつながるところまでいけていないような気もする。そこまで面白がる前に終わってしまったと言うか。とはいえ、ほのぼのとしながらも殺伐とした世界観の片鱗が垣間見えるし、主人公とその周辺の秘密についても今回明らかにされたことがすべてではないだろうし、まだまだ話は動きそうな気もする。とりあえず続刊に期待。

|

« 『機動戦士ガンダムUC(7)黒いユニコーン』読了 | トップページ | 『放課後の魔術師(2) シャットダウン・クライシス』読了 »

コメント

> 好きだった女の子が平行世界からやってきた!それもたくさん!
の後に、
>設定的に奇抜なところは無いけれども、
ときたので、突っ込もうかと思ったけど、大槻ケンヂも「空から少女が降ってきた!しかもその数100万人!!」と歌っているから、平行世界からやってくるぐらいでは、奇抜ではないのかなぁ、と自問してしまった32歳の冬。

投稿: みしまっちー | 2009.01.24 17:50

好きだった女の子が平行世界からやってくるぐらいSF的にライトノベル的におかしくないって。むしろよくあるよくある。あって当然。だってオレ見たもん!

投稿: 吉兆 | 2009.01.24 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43806995

この記事へのトラックバック一覧です: 『ムゲンのセンカ(1)』読了:

« 『機動戦士ガンダムUC(7)黒いユニコーン』読了 | トップページ | 『放課後の魔術師(2) シャットダウン・クライシス』読了 »