« アニメのことなど | トップページ | 買ったもの »

2008.12.25

『カンピオーネ!Ⅱ 魔王来臨』読了

51nkc52xuwl

カンピオーネ!Ⅱ 魔王来臨』(丈月城/スーパーダッシュ文庫)読了。

かなり野心的な作品であろうシリーズ第二弾。正直、けっこう期待している作品なので素直に嬉しい。個人的には、主人公最強状態でのバトル小説には数あれど、危機困難とそれの克服を、ハッタリに頼らずきちんと描こうとしている作品は稀有であろうと思うので、その意味でこの作品を評価したいところ。ラブコメ展開も、まあ、楽しいといえば楽しいのでいろいろやってみてください。

ただ、これまた個人的に問題と言うか気に入らないところが大きくあって(これは期待の裏返しであるのだけど)、神殺しのクライマックスにおける言霊落としの場面が引っかかった。前作でも同じところに引っかかったのだけど、なにが問題だったのか、ようやく分かった。問題なのは、本来、神の正体を探ることそのものがドラマになりそうなものなのに、キス一つで神の正体看破しちゃうのはちょっとどうかと思う。ヒロインが勝手に気がついて、主人公のいちゃいちゃとキスをして正体判明!剣の力降臨!敵を粉砕!と言うのはどうなの?物語的にクライマックスの置き所がおかしくない?いろいろなヒントをもとに正体を推察していくミステリ的側面まで取り入れていたら、この作品を傑作とみなすことに躊躇いはなかったけれども。

まあ、どちらにせよ個人的な嗜好の問題かもしれないので、それでこの作品が駄目と言うわけでは勿論ありません。強大な敵を相手にクレバーに、かつ熱血で戦う主人公を描きつつ、魅力的なキャラクターを配置して、とても良く出来た作品だと思います。

|

« アニメのことなど | トップページ | 買ったもの »

コメント

 ご無沙汰しております。この1年色々と参考になる感想をUPしていただきありがとうございました。
>キス一つで神の正体看破しちゃう
 ここの処は、当方「高校生のくせに、高校生のくせに、高校生のくせに(以下略)」と嫉妬と悋気で冷静なつっこみを入れる余裕を失ってました。
 なしくずし的に次のステージに突入するのが必至なエロいキスを延々としてるんですよね、この子達は!なぜにそこから戦闘へすみやかに戻れるのかが判らん(ツッコミ所はそこか!)

投稿: 射手座 | 2008.12.26 10:58

自分のような妄想ダダ洩れ感想がなにかの参考になっていればよいのですが…恐縮です。

>「高校生のくせに、高校生のくせに、高校生のくせに(以下略)」

あーまあ、確かに…。物語を進める上で合法的に(?)いちゃいちゃとエロいことをするための理由付けにしかなっていませんよね。読者サービスを考えてこういう設定をしたのなら、別に非難すべきところではないのかもしれない…。

>(ツッコミ所はそこか!)

若き高校生としてはありえないモラルですよね。下半身がついていないんじゃないでしょうか。

投稿: 吉兆 | 2008.12.26 20:05

主人公の能力の特性上、世界各地の神話が語られそうで楽しみです。

>いろいろなヒントをもとに正体を推察していくミステリ的側面

推察するには最低限の各種神話の知識が必要だと思いますが、平均的な日本人の高校生(いや、別に高校生でなくとも)にそれを求めるのは酷かと。そして、推察されてしまうとエロエロなキスシーンが削られてしまうという重大な問題が(笑)。

まあ、ちょっとは勉強してる描写でも入れたほうが好印象か。いや、うーん、でもやっぱキスシーンは削らないで(笑)

デレた後っぽい積極的なエリカ、生真面目でお小言が多い祐理とツートップが強烈。二巻での甘粕に誘導されるコントは楽しかったです。欧州サッカーにもそこそこ興味はあるので各種名称にニヤニヤしてしまうのも困る(笑)。

…というか、この作品も第二夫人OKな世界観なのか!?カンピオーネ的には。

これが面白かったので『夏風高校カレー部』も読んでみました。スーパーダッシュ文庫も悪くはないのかな?な~んかよくない評判が多いレーベルみたいだけど…。

投稿: 暗黒ファンタジー | 2009.03.11 22:13

>平均的な日本人の高校生(いや、別に高校生でなくとも)にそれを求めるのは酷かと。

いや、巫女さんはあっさり正体を看破しているじゃないですか。つまり彼女はそれを判断するだけの知識があると言うことですよね?それならば、その看破していく過程をきちんと表現していけばすごく面白くなるんじゃないかと思うんです。今のままだと剣の扱いも勿体無い。

>スーパーダッシュ文庫も悪くはないのかな?な~んかよくない評判が多いレーベルみたいだけど…。

そんなことは無いですよ。紅商法で非難されましたが、スーパーダッシュ文庫はさまざまな傑作が揃っています。選考委員にいわゆるラノベ作家を起用せず、文学関連の識者を起用していることもあって、非常に独特な作品を排出しています。過去の新人受賞作はどれも一読の価値はありますよ。もちろん、受賞した後は編集部の手腕が問われるわけですが。

投稿: 吉兆 | 2009.03.12 23:15

祐理の能力自体が勝手に啓示だかなんだかで、相手のことがある程度判明してしまう(是か非かの判断すら)ので、推察していく過程まで含めると冗長になってしまうのでは?一から相手のことを調べることが主眼のお話ならともかく、この作品は最強バトルをいかにして理屈っぽく進めるか、というのを重視してると思うので。

それに学園+伝奇+ラブコメにしては結構一冊が分厚く、この上ミステリ成分まで入れてたらそれこそプチ京極堂みたいなことに…。

戦闘力と知識のエリカ。非戦闘要員で啓示で相手の正体を看破する祐理。制限付き最強主人公とバランスにすごく気を使ってて私としては好印象です。それ以上のことはおっしゃる通り嗜好の問題になるのでは、と。

スーパーダッシュ文庫の情報ありがとうございます。

『夏風高校カレー部』のどこか恋愛小説みたいな雰囲気はそのためですか。なら、もう少しお堅いタイトルにしてもよかったんじゃないかな。タイトルで損をしてしまっているような。

投稿: 暗黒ファンタジー | 2009.03.13 14:52

相手の正体の謎で物語を引っ張っている以上、それを明かす過程は重要だと思うんですが…。剣の力と言うのは明らかに憑き物落としなので、突然正体をぺらぺら喋りだされても、カタルシスがあまり感じられないんですよ。まあ人によっては重要視する部分は異なるので仕方が無いところかもしれませんが。

投稿: 吉兆 | 2009.03.13 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43525460

この記事へのトラックバック一覧です: 『カンピオーネ!Ⅱ 魔王来臨』読了:

« アニメのことなど | トップページ | 買ったもの »