« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2008.12.26

『レンズと悪魔Ⅸ 魔神劫罰』読了

51viv9rgm8l

レンズと悪魔Ⅸ 魔神劫罰』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

闇照の魔神の本格的な登場に併せて、主人公の失われた過去も明らかになり、物語はクライマックスに迎えつつある。シローの完全無欠の狂気的な正義漢ぶりが明らかになって、凶悪な悪役ぶりをみせており、悪役としての風格は十分。己の復讐心とサクラの願いに板ばさみとなり、葛藤するエルバに対して、圧倒的な格を見せ付ける。セブンデイズの一党の存在意義が良く見えなくなっているのだが、エルバがシローと対決するための露払いとしては機能しているので、無意味ではないのか。しかし、結局、セブンデイズは己の探究心にしか興味がなさそうなので、はたして物語にどのように関わってくるのか読めず、不気味ではある。そのくせ本人は天然気味の萌えキャラ(マッドだけど)なんだから始末に悪い。この作品は微笑ましくも吐き気を催す悪党が多すぎるぜ!まあフォークの人は年貢の納め時らしく、今後の再登場が楽しみとされる。どんな風にオモチャにされるのかわくわくだ(趣味わるー)。エルバが葛藤の末、彼の失われた過去を取り戻し、シローと最後の対決へ。エルバがずいぶん強くなっていることに驚かされる。いまいち直接攻撃力に欠ける氷結の力も、ずいぶん変幻自在な運用が可能となっており、なにをするか分からない意外性がいい味を出している。お互いの能力の切り札を出し合う駆け引きも良く出来ていた。そして最後の驚愕の展開。あーそうねー。人を呪わば穴二つ。復讐を果たしたエルバは、復讐を受ける側になってしまうのねー。納得の展開だ。3者がにらみ合う状況は継続しつつ、物語はあらたな局面を迎える。あー良く出来ているなー。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43536488

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンズと悪魔Ⅸ 魔神劫罰』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »