« 【祝】本の感想1000件達成 | トップページ | 買ったもの »

2008.12.11

『狗牙絶ちの劔(2) -刀と鞘の物語-』読了

51z838vroyl

狗牙絶ちの劔(2) ―刀と鞘の物語―』(舞阪洸/角川スニーカー文庫)。

日本刀と美少女が出てくる作者の趣味全開手加減なし小説が早くも2作目。今回はクローズドサークルでミステリだっ…っておいおい。マジかよ。山荘の中に閉じ込められてしまった狗牙絶ち衆の面々が、一人また一人と殺害されていく!狗牙を刈る剣士たちを、誰が、何のために?超人的剣士たちの中、成り行きによってやってきた一般人である主人公は、類い稀なる豪胆さと、鋭い推理によって、事件に立ち向かう!と言う話。いや、本当だって。嘘ついてないよ!?しかし、なんなのこれ。なんの話だったっけ?たしか一巻の時点では、人を食らう狗牙と、狗牙を刈る狗牙絶ち衆の異能バトルだったような気がするんだが…なんで突然ミステリになって主人公が探偵役になってんの!?わ、わからねえ…舞阪先生は何を考えているのか…。この作者はあまりにもフリーダムかつアート過ぎるぜ!ジャンルに縛られることからの創造性への開放とか、とにかく高尚かつ哲学的なテーマすらも体現しているんじゃないの?という気さえしてきたぜ…。あまりにもびっくりしすぎて、むちゃくちゃ面白いような気がしてきた。なんつーか、主人公の推理力が鋭すぎて、狗牙絶ち衆の存在意義がなくなっているあたり、人間の価値なんてものは一つの物差しでは図れねーんだな、と言うことが良く分かったよ。人間にはいろいろな可能性がある!超人的な剣術なんてのは、その一つでしかないのだな!

|

« 【祝】本の感想1000件達成 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43392424

この記事へのトラックバック一覧です: 『狗牙絶ちの劔(2) -刀と鞘の物語-』読了:

« 【祝】本の感想1000件達成 | トップページ | 買ったもの »