« 『超自宅警備少女ちのり』読了 | トップページ | 買ったもの »

2008.12.06

『迷宮街クロニクル(1) 生還まで何マイル?』読了

51ldt9ucirl

迷宮街クロニクル(1) 生還まで何マイル?』(林亮介/GA文庫)読了。

現代日本でウィザードリィ。やっぱり現代でウィザードリィをやるには舞台設定をどう辻褄合わせるかが難しい。この作品は矛盾を解消させようと言う努力を最初から放棄しているあたり、評価の分かれるところだろうなあ(深見真の『ヴァンガード』とはそこが違うところだ)。なんで銃器つかわないのんー?とか、政府はなにをやっているのんー?とか、自衛隊はどうしたのんー?とか。そのあたりがスルー出来るかどうかが重要だ。そこを乗り越えれば、ウィザードリィ世界観でのエンタメとして楽しめる。それぞれのキャラクターが織り成す人間模様を淡々と描いた作風は、ちょっと不思議な印象があるな。恋愛劇のようにも冒険物のようにも思える摩訶不思議な作風。まさにそこはウィザードリィそのものと言っても良いのではないだろうか。

|

« 『超自宅警備少女ちのり』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43337245

この記事へのトラックバック一覧です: 『迷宮街クロニクル(1) 生還まで何マイル?』読了:

« 『超自宅警備少女ちのり』読了 | トップページ | 買ったもの »