« 買ったもの | トップページ | 日記というか雑記 »

2008.11.26

『烙印の紋章Ⅱ 陰謀の都を竜は駆ける』読了

51pnfaxfg3l

烙印の紋章Ⅱ 陰謀の都を竜は駆ける』(杉原智則/電撃文庫)読了。

主人公の組織力がまったく描写されないのが気にかかるなあ。リーダー参謀実働部隊のすべての役割を背負っている主人公は八面六臂にもほどがあるだろー。まあそれだけ彼には味方が、それも大志を共に出来る莫逆が存在しないということではあるのだろうが。それにしても、組織を描かな過ぎるのが気になる。主人公が最初にするべきことは、自分専用の間諜を見つけることだと思うんだけど…。どうやって情報を処理しているんだろ?陰謀劇を続けていくための諜報戦が、オルバ個人の領域で回っているのが気にかかった。ここまで上手く状況が推移するのか疑問だなー。まあ、かなり運任せなところが多い計画だけど、まさに自分の人生を賭けたギャンブル勝負なんだろうね。負けた時が破滅の時。果たしてどのように綱渡りをしていくつもりなのかねえ。おそらく、その生まれもあり、だれにも心を許せない主人公がヒロインと心を通じ合わせていくことが一つの道筋なんじゃないのかと思う。

|

« 買ったもの | トップページ | 日記というか雑記 »

コメント

何の予備知識もなく、たまたま買って読んだんですが、すぐに2巻を買いに行きました(笑)。復讐と野望の英雄物語。地味ながら骨太な感じで好印象です。長いシリーズになってほしいですね。

ただ、不安点が二つ。この作家さん、長編物が続かないみたいですね(爆)。本屋の配置を見てもあきらかに平均以下の扱いのようでした(涙)。売れないのか…。

もう一つ、この作家さんの本を読むのは初めてですが、名前は知ってました。“暗黒ファンタジー系”の方ですよね…。そういう系統がライトノベルにあるのは知ってるんですが、怖くて手を出したことはありません。

母親と兄と幼馴染はこのまま再登場なしで死んでてくれた方がいいように思うのは気のせいでしょうか。…リアルに考えれば三人とも死んでるのが普通でしょうが、物語としては一人か二人は生きてて鬱展開が待ってると覚悟してた方がいいんでしょうね。いや、鬱展開そのものは世界観的に当然でしょうが、あまり生々しいのはちょっと(汗)。“暗黒ファンタジー系”なだけに。…アリスが汚れ役まっしぐらの裏ヒロイン、とかね(大汗)。

ともあれ、オルバやビリーナ達はとても魅力的です。彼らの戦国絵巻の続きが待ち遠しいです。

投稿: 暗黒ファンタジーってやっぱヤバイです? | 2008.12.24 23:28

>この作家さん、長編物が続かないみたいですね

長編まで書き続けられないというか…ごにょごにょ。しかし、大河ロマンが受け入れられるようになった現在の電撃文庫ならば、なんとかなるのではないかとけっこう楽観しています。デビュー作の『熱砂のレクイエム』は、思えば早すぎた…。

>暗黒ファンタジー系

まあ、電撃文庫ですから、そこまで陰鬱なものではありませんよ。もっとも自分はゾンビ映画を見て腹を抱えて笑うぐらい感受性が擦り切れている人間なので確約は出来ませんが…。

母親と兄と幼馴染の登場はどうでしょうね。あそこまで死亡の描写はきちんとしていますし、皇子になった主人公とからませられるかどうか。ああ、主人公の正体が露見するときの証人として使われる可能性はありますね。

投稿: 吉兆 | 2008.12.25 22:09

>大河ロマン

なるほど。色々変わってきてるんですね。電撃文庫も。

>陰鬱

電撃だとフォーチュン・クエスト、デュアン・サーク、クリスタニア、ハイパーハイブリッドオーガニゼイション(…打ち切りなのか)、シャナ、ボクのセカイをまもるヒト、学校へ行こう、アスラクライン、そして烙印の紋章を現在愛読してます。

…我ながら甘いのばっかり?

>正体が露見するときの証人

えっと、1巻の巻末で“メフィウスの竜皇”として英雄になるのが史実になってます。後世に正体はバレなかったと。まあ、正体を怪しまれるイベント自体は確実にあるでしょうけど。というか“仮面の剣闘士”との二役はそろそろボロが出そうな…。

最後に、一ヶ月も前のエントリーにしたコメントに答えてくれてありがとうございました。

投稿: 暗黒ファンタジーってやっぱヤバイです? | 2008.12.26 00:25

>…我ながら甘いのばっかり?

いやー少なくともハイパーハイブリッドオーガニゼイションは甘くないんじゃないでしょうか。男臭い激渋ライトノベルですよ。僕も好きです。打ち切りというか本編はどうなったのか不明ですね。

>“仮面の剣闘士”との二役はそろそろボロが出そうな…。

そうですね。いずれボロをだしてピンチになるのではないでしょうか。そのピンチのきっかけはどんなところからくるのかな、と思えば、兄弟家族というのもありかな、と。まあ、現時点では可能性は低いと思います。そんなことをしなくても、ばれてピンチになるのは時間の問題でしょうし。

コメントありがとうございました。またよろしくお願いします。

投稿: 吉兆 | 2008.12.26 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43236428

この記事へのトラックバック一覧です: 『烙印の紋章Ⅱ 陰謀の都を竜は駆ける』読了:

« 買ったもの | トップページ | 日記というか雑記 »