« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2008.11.18

『えむえむ!(6)』読了

51n32vl6vpl

えむえむ!(6)』(松野秋鳴/MF文庫J)読了。

とくに何も言うことがない話と言うのはライトノベルにはいくらでもあって、感想を書くことそのものが無益にしか感じられないと言う表現はある種の褒め言葉であろうとも、それでも無理やり言葉を吐き出すのがこのブログの趣旨のはずなのだが、それでもなお言葉を紡ぐのが非常に難しい。だって読み終えた瞬間に内容を忘れているんだもん。すごいなこの作品は…。まあ何はともあれいつものように楽しかったですよ。楽しかっただけの作品とも言うが。せっかく物語が進みそうな伏線を以前に張ったわりに、まったく活かす気がないのはどういうわけなのかと問い詰めたく思うけれども、それもツッコミどころとは違うのかなー。難しい。天才発明少女の柊関連の話は、ジョジョネタを活用してきたことにやや驚く。もっともサイヤ人ネタと微妙にかぶっているような気もするけれどもまあいいか。あ、そういえばクリスマス関係でついに美緒の物語が動き始めてきた印象があったなあ。彼女の暴走がやけにおとなしくなってきている背景には、おそらく太郎が美緒に踏み込み始めたことと無関係ではあるまい。つまりデレ。壮絶なドSでツンが強すぎた彼女がついにデレ始めてきたと言うことであるわけで、物語的には結構重要ではないかと思う。彼女が完全にデレたら、物語を駆動するものがなくなるわけで(彼女が太郎の性癖を治そうとすることが、この物語を動かす起爆剤となっているので、それがなくなるだけで物語の構造はかなり変わってくる、ような気がする)、物語は地味に終着に向かっていると言って良いのではないだろうか。どうでもいいんだが従妹子ちゃんがすごくどうでもいいキャラ設定なんだがどういうことだ。どうでもいいか。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43154791

この記事へのトラックバック一覧です: 『えむえむ!(6)』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »