« 『誰かのリビングデッド(2) 【愛情】』読了 | トップページ | 「グランド・セフト・オートⅣ」をやってみる »

2008.10.30

『狼と香辛料Ⅸ 対立の町(下)』読了

5164ys9q1el

狼と香辛料Ⅸ 対立の町(下) 』(支倉凍砂/電撃文庫)読了。

ふっふっふ、前巻ですでにエーブに萌え萌えだった自分には理想の展開だったぜ!と言う戯言はほどほどにして、相変わらず胃がキリキリするような陰謀の翻弄される展開がいやらしい。心情的にはエーブに加担しながらも、一歩踏み出す先も見えない駆け引きの中で、疑心暗鬼に駆られるロレンスの心理が半端なかった。どういう行動をすれば正しいのか、それさえも分からない状況の中でも、自分なりの行動を起こそうとしたロレンスはなかなかたいしたものだけど、ホロがいなかったら自滅していた可能性が高かったな。他者を破滅させることで積極的に利益を得ようとする行為は、やはりロレンスには合わないのだろう。相手の精神をへし折る行為に罪悪感を覚えてしまっているようではなあ。ロレンスはもっと、相手も自分も幸せになれるような商人になるのが似合っているよ。長期的にはそういう商人は長生きするんだ。たぶん。

まあとりあえず孤高の狼だったエーブが弱弱しいところを見せたりロレンスに頼ったりして最高でした。ロレンスとの駆け引きの会話は、完全に男女の会話に仮託できるじゃねえか。浮気の匂いがいたします。もちろんラストも最高でした。

|

« 『誰かのリビングデッド(2) 【愛情】』読了 | トップページ | 「グランド・セフト・オートⅣ」をやってみる »

コメント

 こんばんわ。精神ダウナー不調気味から回復されたようでなによりです。
 僕も週一くらいで沈むサイクルをもっているようなので辛い時あります。結局、自分で何とかするしかないんですけどね。

 暗い話はさておき。やっぱりエーブがいいですよね、エーブ。うーん、正直惚れた。ケモノミミの娘の良さは理解できないんですけど、ハードボイルドなおねいさんは大変よく理解できます。そのへんのギャップの使い方なんかはうまい。マルチな萌えを標準装備というか、この作者は萌えをよく心得ていらっしゃるようですね。ただ、ホロルートはややマンネリ気味?

 今回はなんだか文体が急に固くなったような気もするんですが、何か意図でもあるんでしょうか。あまりライトノベルに通じているわけではないのですが、まだ若いのに電撃の中ではかなりレベルが高いんじゃないでしょうか? あと、同期の杉井光さんはもう少し売れても、というか評価されてもいいと思うんですけどねえ。巫女の話とか好きだったんですが。

 ケモノミミの女の子は人間の耳の部分をどうしているのか気になってしょうがない今日この頃でした。

投稿: ユミカ | 2008.10.31 20:13

ユミカさん。どうもご心配をおかけしてしまったようで。ありがとうございます。落ちたテンションを引き上げるのには苦労しますなー。

エーブは初登場のときからほのかなエロスの香りがあって大好きだったんですが(怖くて色気のあるお姉さん属性なもので。レイニーさんラブ!)、今回はいろいろな角度からエーブのキャラクターにスポットが当たっており、まさに自分に嬉しい展開でした。心が読まれているのかと思いました。

>今回はなんだか文体が急に固くなったような気もするんですが
おっとそうでしたか?気がつかなかったな…。それと巫女の話は…誰もがわかっていながら言葉に出せぬ、打ち切…いやいや、希望だ、人生には希望が必要なんだ。まあ、杉井光は売れていないんですかねえ。どうしても3巻の壁を乗り越えられない。いや、現在、一迅社文庫で出えているさくらファミリア!は一体どうなるのでしょうねえ。

>ケモノミミの女の子は人間の耳
普通にあるケース(つまり耳が四つある)と無いケースの両パターンがあるようです。

投稿: 吉兆 | 2008.10.31 23:05

>落ちたテンションを引き上げるのには苦労しますなー。
 
 何もしない、というのが一番なんでしょうけど。まあ、無理ですな。そんなことは。頑張って生きるというよりないのでしょうね。
 うむむ。もう少しまともなことが言えるといいのに。申し訳ありんせん。

>エーブは初登場のときからほのかなエロスの香りがあって大好きだったんですが
 
 ほんといいキャラなので、二巻で消すには勿体ないなあ。まあ、ダレるのもあれなのでちょうどいいのかもしれませんね。
 
>杉井光は売れていないんですかねえ。

 売れてないというほどでもないのかもしれませんけれど、実力に見合ってないような。素人目でアレなんですけど、テクニックはある、アイデアもありきたりなわけではないし、装丁だって上手くいってると思うんですよ。僕は好きなんだけどなあ。
 最近の若い人が何を考えているのかわからない、とおっさんみたいなことを言ってみる。

>一迅社文庫で出えているさくらファミリア!は一体どうなるのでしょうねえ。

 未読なんですけど、ここは日本なんで大丈夫だと思いたい。やはりそっち系の固有名詞がよろしくないのでしょうか。

>つまり耳が四つある
 
 現実でも耳付きのカチューシャとかありますから、まあ、そんなに違和感はないのかしら。

 

投稿: ユミカ | 2008.11.01 00:00

実家に戻ってて返答が遅れてすいません。

>最近の若い人が何を考えているのかわからない
杉井光はもっと売れてもいいはず、と思いつつ一向に続刊が出ないのが本当に不思議。一般受けしない…のかなあ。さくらファミリアはたしかにネタがマズイ。早く終わらせたほうがいいのかも。

投稿: 吉兆 | 2008.11.04 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42932017

この記事へのトラックバック一覧です: 『狼と香辛料Ⅸ 対立の町(下)』読了:

« 『誰かのリビングデッド(2) 【愛情】』読了 | トップページ | 「グランド・セフト・オートⅣ」をやってみる »