« 『されど罪人は竜と踊るDD(1) Dances with the Dragons』読了 | トップページ | 日記 »

2008.10.08

アニメ云々

今クール開始のアニメをぼちぼち観た。多すぎ。とりあえず一話だけは一通りみたが、最終的にはかなり絞られてくるだろう。

各番組の印象。

・「とらドラ!」
水準以上の出来栄え。この作品の本質は少女マンガであるという点を逃していないのが好印象。釘宮理恵の起用は正直またかと思わずにはいられなかったが、あんまり媚びの入った演技ではなく、比較的ナチュラルに演じているように思える。これはこれで。

・「ヒャッコ」
メインの声優をことごとく面白い使い方をしているのが興味深い。とりわけ平野綾に気弱で後ろ向きな女の子役をやらせているのが面白い。ただ、作品としては、原作の持つ小気味よいテンポが失われ、間延びした印象を受けた。無用な枝葉が多すぎる。

・「あかね色に染まる坂」
ゲームのアニメ化らしいのだが、原作は知らない。ただ、非常に”それらしい”内容。あまり興味は持てず。冒頭の特殊部隊ものっぽいやつも、おそらくパロディの領域からは逃れられそうも無いし。釘宮理恵が全然それらしく聞こえない演技をしていたり、平野綾が主人公の妹役をしていたりと、声優的には面白い配役をしているような気もする。

・「屍姫 赫」
原作は単行本3巻くらいまで読んだ。アクション、日常描写ともに良好ではあるのだが、主人公とヒロインの声優の不安定さがネックか。

・「黒執事」
執事ものがついに来た。主従関係性萌えの話になるとおもうのだが、大きなお話にはなりそうもないな。自分が面白く見れるかは不定。

・「夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~」
物語としては可もなく不可もなく。取っ掛かりがない感じ。うーん。

・「テイルズ オブ ジ アビス」
原作ゲームはやっていない。テイルズらしくむやみやたらと壮大な話になっていってくれそうなので、僕の中の中二病が喜びそう。問題はRPG臭さをどれだけ消臭できるかどうかか。だが、馬車につかまえる下りのあまりのわざとらしさにさすがにがっくりした。

・「かんなぎ」
山本寛監督という期待を裏切らず、人物もカメラも死ぬほど動く。すさまじいまでに動く。おそろしいまでに動く。さりげない日常の芝居が細かすぎる。果たして制作会社の体力が持つのかどうか不安。戸波遥ってこういう声をしていたんだな。初めて認識した。

・「鉄のラインバレル」
中二病あふれる主人公がいい。良くも悪くも物語を引っ掻き回してくれそうだ。青臭いロボットアクションものとして期待が大きい。で、ドリルはいつ付くんですか?あと敵組織が黒の騎士団にしか思えない件…は言わないお約束か。

・「とある魔術の禁書目録」
原作は地の文が極めてくどく、主人公の義憤に”流れ”が見えないなど、物語としては致命的な点が多く、自分には受け入れられなかった。アニメになると、そういった”くどさ”がだいぶとれて、すっきりしている。普通に観れそう。

・「ケメコデラックス!」
面白い。アクションよしギャグよし。変テコなサイボーグの中から美少女が、とかバカバカしくもナイスセンス。間のとりかたが気持ちいい。これも戸波遥なんだな。

・「喰霊-零-」
原作は一巻だけ読んだ記憶がある。怨霊を相手にしたB級特殊部隊アクションもの、と思わせておいてラストのインパクトがすごい。気になる。

・「キャシャーン-SIN」
なんかキャシャーンがペガサス流星拳を打ちそうな気がしたのは自分だけではあるまい。アクションの演出が気持ちよかった。むやみに動かすのではなく、画面をうまく切り替えている感じ。ストーリーは未だよくわからん。

・「魍魎の匣」
原作既読。初回だけ観るとものすごい百合アニメ。そうでなくても登場人物が美しすぎる。こんな綺麗な木場さんを見れるとは思いませんでした。夢とも現ともつかない幻想的な描写が冴えている。悪夢的な展開を見せつつ、最終的に理性が落とす流れをどのようにみせていくのか興味深い。

|

« 『されど罪人は竜と踊るDD(1) Dances with the Dragons』読了 | トップページ | 日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42725130

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ云々:

» 実体 [tacoの気持ち]
ハルヒの役(声優) 平野綾の実体わ アニメ顔お でしたあ 涼宮ハルヒと違い ほっ ハルヒのように 強気いっぺんとう ではなかった 感想お・・・ [続きを読む]

受信: 2008.10.09 04:03

« 『されど罪人は竜と踊るDD(1) Dances with the Dragons』読了 | トップページ | 日記 »