« スマガをやってます…その5 | トップページ | メモ »

2008.10.06

スマガをやってます…その6

・2週目。休暇を駆使してひたすらスマガ。ゲームばかりやっている暇はないのだがなあ。

・なるほど…主人公に声がつくことをこれほど理論的に証明したゲームをやったのは初めてだ…。人称の問題なんだな。

・アドバイスはあえて無視して通常のスピカルートを追ってみる。

・Sakura Mau Gakuen=スマガ。

・後半の凄まじい少年漫画的展開には、開いた口が塞がらない。これは…あれか。アルマゲストの力による改変か?主人公のじつは異能が!とか。絶対、これ、神様(オレ)の余計な一言のせいで、へんな思い込みをした主人公を信じてしまったスピカが改変しちゃったんだろ!

・スピカ個別ルートをクリア後、今度はアドバイスに従ってプレイ。

・Sweet Memory Goes on=スマガ。日下部ルートに突入。

・この設定、物語が繰り返されるごとに、新しい”オレ”が生まれると言う設定のため、他ヒロインルートに入る事を、心情的に許せる設定になっていると思う。だって違う人間なんだから、状況によっては違う選択をすることもあるし、違う相手を好きになることもあるだろうし。一回性の選択。

・ああ、なるほど。日下部の恐れ。これはまたなんちゅーメタな話だ。主人公(≒プレイヤー)は、セーブポイントからいくらでもやり直しが出来る。好感度をいくらでも上げることが出来る。その選択の余地がいくらでもあると言うことそのものが、日下部の恐怖であるわけだな。彼女は頭が良すぎますな。自分を虚構の存在として認識し、客観視できてしまうことが彼女の不幸か…。ギャルゲーヒロインがプレイヤーを告発していますよ…。メタメタ。

|

« スマガをやってます…その5 | トップページ | メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42665165

この記事へのトラックバック一覧です: スマガをやってます…その6:

« スマガをやってます…その5 | トップページ | メモ »