« 買ったもの | トップページ | 一言 »

2008.10.24

『エレGY』読了

41rvm4texzl

エレGY 』(泉和良/講談社BOX)読了。

作者自身のフリーゲーム製作者であり、その経験を存分に生かした…と言うか、どこまでが作者の実体験で、どこからが作者の妄想なのかが良く分からない半私小説…のように見せかけた恋愛小説だと思われる。フリーゲーム製作者としての実生活の生活の描写には、凄まじい切迫感があってたまらないものがあった。ギリギリの生活、創作に対する想いと、失ってしまった情熱、生きるためだけにゲームを作る虚無感、それらの半端なさが凄かった。これはマジだ。マジ過ぎる。どん底の作者が女の子と出会って救われる、と言う展開は、正直ありえねーとしか思えないのだが、しかし、ここまでマジ過ぎる描写を叩き込まれると、ひょっとしたらこれもマジなんじゃねーかと思えてくる。ヒロインが全然魅力的に見えないのが逆にリアルな(ある意味においてこれほど非現実的な女の子もいないと思うけど)魅力になっているところがやっぱ半端ねーと思いました。

|

« 買ったもの | トップページ | 一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42894382

この記事へのトラックバック一覧です: 『エレGY』読了:

« 買ったもの | トップページ | 一言 »