« 『狗牙絶ちの劔(1) -刀と鞘の物語-』読了 | トップページ | 買ったもの »

2008.09.12

『テイルズ オブ ヴェスぺリア』のあれやこれや(その6)

・ラスボスを撃破。めちゃくちゃ苦労した。が、コツさえわかれば簡単に倒せる。ラピードとリタとリミッツボトル必須。むしろシークレットミッションクリアのために、一気に倒さないほうが難しくなる。

・物語的には、それなりの落とし処に落ちた。主人公の”罪と罰”の問題については、ややわかりにくいが、やはりザウデ不落宮で一通りの決着がついているようだ。それ以降の展開は、その意味では蛇足とも言える。まあ、蛇足をつけないと、主人公死んで終わりだけどね。

・結局、世界滅亡の危機というマクロな状況と、主人公の個人的な罪の問題を両立させようと言うこと自体に無理があるわけで、その中ではわりとがんばっていたシナリオではないかと思う。

・ユーザーに優しいゲームシステムに、なかなか意欲的なシナリオなど、非常な力作であると言うことは間違いない。とても楽しいゲームでした。

|

« 『狗牙絶ちの劔(1) -刀と鞘の物語-』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

刺される展開はよかったけど刺したのがあいつなのが・・・正直刺した理由が主人公の罪と関係ないですから。フレンの功績の半分以上が主人公達とその手伝いのものですし、そもそも2人が親友な時点で「お前がいるとフレン様のためにならない!」ってな理屈は通用しない訳で、つまりは「自分よりフレン様に近い場所にいるなんて許せない!」という醜い女の嫉妬でしかないですから。そんなんで刺されても・・・実際もう1人の方は何も気にしてませんでしたし。刺すのは、あの二人の部下とかその家族の娘とかで「主人公の正義によって不利益を得た人間」の方がよかった。見当違いの憎しみであれユーリの行動の結果となるので。

終盤いつものテイルズに戻っちゃったのが残念。もっともハッピーエンドにするなら仕方ないと思いますが。きっちり追求するとどうしたってノーマルエンドがせいぜいですからね。
ただデュークがエルシフルがそんなこと望まないと理解していないとかがあまりに・・・これで「そんなことわかっている!だがそれでも憎しみを消せない私こそが!その私を力ずくでしか排除できない思えたちの行為こそが人間の業の証なのだ!」とか言わせれば主人公達の行動も正しいとまではいえない=罪、正義をつらぬくというテーマに少しは沿ったと思うのですけどね。あとはラスボスがアレクセイすら操っていた評議会の一員で(ガンダムOOとかぶりますが)星喰みを復活させた理由も「全てのものは滅ぶ姿が一番美しい」とかいう理由なザギ以上にイカレた奴で一切同情の余地さえないようなヤツ(アレクセイみたいにむかしは~なものさえ無い)とか、もうちょっとテーマから離れすぎないようにするやりようは有ったかなとも思いますが。

投稿: HT | 2008.09.27 07:34

まあ、あのあたりは解釈が難しいですね。その後、ユーリ自身が自分自身を刺した相手に語っているように、自分自身は罪人であり、いかなる理由であっても裁きを受け入れる覚悟を示していることから、個人的には決着ついていると判断しています。主人公の罪を弾劾する展開は僕もありかなーとは思っていましたが、さすがに重すぎなので、しょうがないような気も…。

あと、フレンのためにならない、と言うのにも、一分の理はあるように思います(無論、本質的には見当違いではあると思いますけど)。少なくとも、今後の帝国の秩序を導いていく人間の傍らに、殺人犯がいたらどうしようもありませんからねえ…。フレンはそんなこと気にしないかもしれないですけど、弱みにはなっちゃいますよね。だから、ユーリは今後フレンから距離をとろうするんじゃないかなあ、とエンディング後を邪推してみたりしています。もっとも、立場が変わっても、距離は離れても、二人の友情には変わりは無いでしょうけどね。

デュークの解釈も難しい。彼の人間嫌いは筋金入りですからねえ。エルシフルの言葉は分かっていても、彼にとって守るべき世界に人間は入っていなかったのでしょう。まあ情報が少ないので想像でしかありませんが。それに、最後のアレも改心したと言うよりも、敗者の定めに従っただけのような気も…。あの戦いを世界の意思の代弁と位置づけているような言動をしていましたし(第3戦など)、勝者こそ世界の意思を背負っていると考えて、手を貸したのでは…なんてのは僕の本当に想像です。ただ、そう考えるとすっきりするかなあ。まあ結局、情報が少なすぎるのが悩ましいところなんですが…。

投稿: 吉兆 | 2008.09.28 00:31

彼女の行動は、過保護の親の愛情みたいな「相手のことを思っているようで実際には相手が悲しむ、相手のためにならない行為をしている」といったイメージかな。
まぁダメじゃないんだけど、せっかくいい感じできたのになんだかなぁって感じですかね。アレクセイ後がちょっと急展開がすぎて説明不足に思えますが、世界を救うというレベルに話をもっていくにはやっぱり仕方がなかったんでしょうね。

システム面についてはスキルパターンの記憶とか欲しかった。
せめて一つでもあればボス専用パターンとかザコ戦用パターンとか記憶して術技稼ぎ時とかたまにパターン向上させる時だけ変えればいいからずいぶん楽になったのに。
FSは最初はややこしくてあんま必要ないな~とか思ってたけど慣れてきたら面白くなってきた。ファイアボール強すぎ。
相変わらずグローリー強すぎ。特技のみだけでなく変化技時、奥義時、通常攻撃時のみなども入れてで合計SP50↑消費してやっと擬似グローリーくらいでよかった(移動時もOKだと術から逃れるのも楽で怖くなくなりますし)。連撃などの習得スキルが憶えたら無用になるのも。紅蓮=火威力UP、連撃通常攻撃威力UP等で。
気になるのはそういった細かい点ばかりなので逆に言えば細かい事しか気にならないほど練られてると言うことでしょう。
いや一番気になるのは攻撃不可とか絶対敵から離れてろとか指示できないことか。エス子の馬鹿さ加減が異常すぎて・・・

戦闘はテイルズの3D型としては完成形かも。D2、リメDは超えずともリバース、エターニア辺りとは同格かそれ以上に面白かった。
ただこの手の3D戦闘としてはスターオーシャン3があるので、アレを超えるのはきついでしょうね~。

投稿: HT | 2008.09.28 10:27

>まぁダメじゃないんだけど、せっかくいい感じできたのになんだかなぁって感じですかね。アレクセイ後がちょっと急展開がすぎて説明不足に思えますが、世界を救うというレベルに話をもっていくにはやっぱり仕方がなかったんでしょうね。

そうですね。どうもクライマックスの流れは説明不足な上に、ストーリーがやや浮いている印象がありますね。普遍性を維持するためには難しい所だと思いますが、やっぱり惜しい、と思います。

>システム面についてはスキルパターンの記憶とか欲しかった。

スキルは面倒ですねえ。覚えるごとに付け替えていたりすると、頭が痛くなってきますね。僕は基本付けっぱなし、放置でプレイして、敵が強くなってきたら付け替えてました。

グローリー…ああ、あの常時スーパーアーマーですか。ありゃ便利ですね。2週目で重宝してます。ただ、ダメージを食らっていることに気がつかなくて、ピンチになってたりすることもありますが…。

投稿: 吉兆 | 2008.09.29 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42453211

この記事へのトラックバック一覧です: 『テイルズ オブ ヴェスぺリア』のあれやこれや(その6) :

« 『狗牙絶ちの劔(1) -刀と鞘の物語-』読了 | トップページ | 買ったもの »