« メモ | トップページ | 『疾走する思春期のパラベラム[灰色領域の少女]』読了 »

2008.09.10

『疾走する思春期のパラベラム』読了

51kh1g5kerl

疾走する思春期のパラベラム』(深見真/ファミ通文庫)読了。

思春期のドロドロと銃器で綴られる深見真の超中二センスが爆発ストーリー。某シリーズと異なり、ちゃんとライトノベルの範疇にとどまっているところがえらい。自重という言葉を知っていたんだな…作者…。一般人の主人公が、非日常に触れることで巻き込まれていくという学園異能のお約束を踏まえながら、やたらと詳細な銃器(なんてかわいいもんじゃねえが)描写、冷たく乾いた世界の描き方、焼け付くような虚無を抱えた登場人物たちといい、やっぱり深見真らしかった。少年を主人公にすると、この作者はひどくナイーブなものを前面に押し出してきますよねやっぱり。少女は圧倒的に強いんだけど。わかりやすいなあ。

|

« メモ | トップページ | 『疾走する思春期のパラベラム[灰色領域の少女]』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42375437

この記事へのトラックバック一覧です: 『疾走する思春期のパラベラム』読了:

« メモ | トップページ | 『疾走する思春期のパラベラム[灰色領域の少女]』読了 »