« メモ | トップページ | 買ったもの »

2008.09.22

『ゴルゴダ』読了

51bggwnczdl

ゴルゴダ』(深見真/徳間書店)読了。

深見真のライトノベルから離れた一般作…だけど、本質的には何一つ変わっていないのはさすがだった。大儀に基づいた復讐は完璧に肯定されるところなんか(いやー人間のクズをぶち殺すのって文句なしに”楽しい”よね!)(そのまま過ぎる)。ただ、一般作だけに、その楽しさが荒唐無稽なだけではなく、危うさを内包しているのだと言うことがハッキリとわかってしまうところが難しいところだ。

悪を裁くことは爽快で”楽しい”。だが、人が人を殺すことを楽しんでしまっていいのか?と言うところに深見真の危うさがある。まあいつも通りといえばその通りなんだけど、この作品の場合、主人公が復讐を開始する理由があまりにも”正しく””救いが無い”。すべては、復讐という、ある種の悟りに到達してしまった主人公は、あらゆる社会的通念から解き放たれ、復讐鬼と化している。そして、読者の心情的には文句無く正しい。悪を裁く正義が存在しないのなら、自分が悪となって悪を裁く。…主人公の選んだ道と言うのはそういうことなんだろう。

ただ、深見真がどこまで意図しているかは別として、主人公は、果たしてどこまで自分の道が悪であると認識しているのだろう?と疑問には思う。悪を裁く悪というのは、たやすく変質し、堕するものであり、復讐の対象を惨殺し、殺しつくす主人公の行動は、歯止めが無いように思える。自らが正義と言う想いは、テロリズムの温床だ。主人公はその闇から逃れる術は無いように思える。少なくともラストの展開を見るに、絶対の虚無を抱え込んだ主人公は決して救われることは無く、血塗られた暗黒の道を、虚無の落とし穴を歩み進めるしかないように思えるのだ。そこには救いも、報われることも無いのだろう。”答えを出してしまった人間”は、もはやその道を進み続けるしかないのかもしれない。たとえそれが破滅の道だとしても。

|

« メモ | トップページ | 買ったもの »

コメント

はじめまして。最近ここに流れ着いて楽しく記事を読ませていただいております。さて、”答えを出してしまった人間”は、もはやその道を進み続けるしかないのかもしれない。たとえそれが破滅の道だとしても。・・・か、かっこいいですね!! 思わず唸ってしまいましたよ。「罪と罰」的な思想なのですかね? 興味があるので読んでみたいと思います。ところで余談ですが、制服に日本刀は僕も好きですね。はい。

投稿: | 2008.09.22 23:51

えーっと、どうも、恐縮です。

「罪と罰」的な思想とはちょっと(いや、かなり)違います。確かに、守るべきもののためならば人殺しは肯定しうる、と言うあたりに多少そんな気配は感じますが、この作品自体は、もうラスコーリニコフ的苦悩などまったくありません。復讐のためならば殺戮、殺戮、皆殺しを躊躇いなしです。逆に、こんなに躊躇いが無くていいのか、と読者が心配になって来るような作品ですので、お読みの際はお気をつけ下さい。少なくとも”モラルの高い”作品ではありません。

>制服に日本刀は僕も好きですね。はい。

むしろこれは愛です。愛がすべてです。

投稿: 吉兆 | 2008.09.23 00:17

はじめまして、と言っておきながら名前を入れるの忘れてました。失礼しました。

>「罪と罰」的な思想とはちょっと(いや、かなり)違います。

そうですか。そういうのを期待していたんですが・・・。でも、「社会規範を逸脱する動機」みたいなのには興味があるので読んでみたいと思います。(そう書くとなんだか危ない人みたいですが。あくまで創作上の話で、です)そうやってまた積読を増やすという過ちを繰り返すんですけどね。本は読んでいるはずなのに、未読の本の山がどんどん高くなっていきますよ、と。

>むしろこれは愛です。愛がすべてです。

ええ、無償の愛ですね。(いや、それは違うかな?)まあ、なんだかよくわからないけど、こう、本能的にぐっと来るものがありますです。

投稿: ユミカ | 2008.09.23 00:54

はじめまして。ユミカさん。

「社会規範を逸脱する動機」ですか。なかなか面白そうなテーマですね。犯罪を犯す心理、みたいなものでしょうか。

だとすると、この本は該当するかな…?主人公が復讐鬼と化す過程はわりあい描かれていますし。

>本能的にぐっと来るものがありますです

たぶん、真理とか、そういうものなんですよきっと。

投稿: 吉兆 | 2008.09.23 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42278985

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴルゴダ』読了:

« メモ | トップページ | 買ったもの »