« 『ねくろま5。』読了 | トップページ | 買ったもの »

2008.08.22

『たま◇なま こわいものはありますか?』読了

51nmlxqyn2l__ss500_

たま◇なま こわいものはありますか?』(冬樹忍/HJ文庫)読了。

青い人の戦闘力がすごいことになっている。主に萌え方向で。無口無表情で主人公ラブと言う、まあぶっちゃけクーデレというヤツではないかと思われる方向にあり、さらに一般常識を知らぬがゆえに世間体も省みないアタックぶりは、人生経験の少なさを感じさせる。一方、由宇は急速に人間的、少女的な内面を構築しつつあり、今まで、透がある意味保護者的な立場にあった”箱入り娘”から急速に脱却しつつある。これは前巻までにも繰り返し語られているように、必然的な展開なのだが、透はそれに戸惑いを隠せない。それは、保護者的な立場にあったはずの透こそが、由宇に依存していたことを示すとともに、相棒であり守るべき相手であったはずの由宇が、一人の、対等な、少女として立ち現れてきたことに対する混乱があるのだろう。その混乱は、結局最後まで解消されることはないのだけれど、おそらく物語は、透が由宇を一人の人間として認めるまでを描いていくのではないか、という予測があり、作品のテーマもそこにかかってくるのではないかと睨んでいるので、随時注目していきたい。それにしても主人公の朴念仁ぶりはなかなか華麗ですらあるな。

|

« 『ねくろま5。』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/42230950

この記事へのトラックバック一覧です: 『たま◇なま こわいものはありますか?』読了:

« 『ねくろま5。』読了 | トップページ | 買ったもの »