« 買ったもの | トップページ | メモ »

2008.07.17

『僕がなめたいのは、君っ!』読了

31tuplynjql__sl500_aa204_僕がなめたいのは、君っ! 』(桜こう/ガガガ文庫)読了。

いやー…まさか、おかゆまさきのフォロワーが出てくるとは思わなかったわー。と、内容とは全然関係の無いところでびっくりしてしまった。おかゆまさきはライトノベルの極北で、おかゆまさきの前におかゆまさきはなく、おかゆまさきの後におかゆまさきは無いものと思い込んでいたのだが、まさか同じ方向性で作品を作る人が出てくるとは思わなかった。茨の道を進んでいるなあ…。

同じ方向性と言うのは(あくまでも僕が感じたことでありますよ)、ハイテンションで躁的な文体と、真面目なんだかギャグなんだか分からない展開に、くだらないネタを交えつつ、根本的なところではシリアスに締める、と言う方向性かな。

最初は、なんか変な話だなあ、と思っていただけだったんだけど、やたらとハイテンションな主人公(とヒロイン)が、真面目にバトルしているはずなのにギャグにしか思えない(または逆)ところにやたらと既視感を感じてしまった。ああ、これドクロちゃんと同じなんだと気がついた時には、非常に納得したのでした。

以上、内容には関係ないけどものすごく驚いたのでした。

たぶん、好きな人と嫌いな人に分かれる作品だろうなーと思う。かなり癖が強いかも。僕はわりと面白がれたけど、それでもひっかかるところは多かったしなー。

|

« 買ったもの | トップページ | メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/41882146

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕がなめたいのは、君っ!』読了:

« 買ったもの | トップページ | メモ »