« メモ | トップページ | 最近のコードギアスを観て思ったこと »

2008.06.23

『DRAGONBUSTER(1) 龍盤七朝』読了

51htqdudt6l__ss500_

DRAGONBUSTER(1) 龍盤七朝』(秋山瑞人/電撃文庫)読了。

冒頭から凄惨かつ妖美極まりない惨殺行が繰り広げられていて、思わずハートをがっちりキャッチされてしまう。やはり、秋山瑞人は文章が上手すぎる。文章を読むと情景が視覚的に立ち上がる、と言うタイプではなくて、むしろ、語るべき事を深く深く掘り下げていくことで生まれる厚みに圧倒されてしまうと言うか。それでいて”くどさ”は欠片も無い滑らかな語り口。一体、どうすればこんな文章を紡ぎだせるのだろう…。

本編については、現時点では社会の底辺で虐げられる少年と、やんごとなき身分でありながら日陰者であることを押し付けられた少女が出会うと言う話であって、単純化してしまうとすごく簡単に説明できてしまう。でも、シンプルな物語に見えて、少年の学んできた武術にまつわる因縁や、少女の周囲でうごめく陰謀らしきものもあり、と思えば、人々が日々暮らす雑踏の猥雑さや平凡な日常にも視点があたっており、細部が非常に豊かで、少女が友人をなんやかやと雑踏を歩いている場面だけでも面白い。

もう、何を読んでも面白いツボにはまったみたいなんで、もう何を読んでも面白い。素晴らしいね。でも、2巻で完結らしいけど、一体、どこで終わるんだ?描写がすごく面白い半面、物語がどこに向かっているのかよくわからない。物語がどこで”落とされる”のかが分からないんだよな・・・。物語を駆動させる鍵がどこにあるのか、ちょっと分からない(たぶん、爺さんの因縁が一つの要素ではあるのだろうとおもうけど、果たしてそれがどこに行くのか…)。まあ、続きがでれば分かることですが。と言うわけで続きを下さい(雛鳥が餌をねだるが如く)。

|

« メモ | トップページ | 最近のコードギアスを観て思ったこと »

コメント

あれ、EG/ミナミノミナミノの続きはどこ?

という話はおいといて。
秋山瑞人は安心して買えるので明日にでも本屋に寄ってみよう。

「おれはミサイル」も、もう1回読みたいから単行本化してくれないかな…

投稿: はたやま | 2008.06.23 23:03

EGF/ミナミノの話はしてはいけません!黒服の男たちに連れて行かれますよ!(大嘘)

はたやまさん、お久しぶりでございます。吉兆です。

『おれはミサイル』はいつになったらまとまるんでしょうね…。武侠小説も良いけど、ガチSFも書いて欲しいですね。

投稿: 吉兆 | 2008.06.23 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/41619653

この記事へのトラックバック一覧です: 『DRAGONBUSTER(1) 龍盤七朝』読了:

« メモ | トップページ | 最近のコードギアスを観て思ったこと »