« 『<本の姫>は謳う(2)』読了 | トップページ | 買ったもの »

2008.05.21

来るな…これは間違いなく。

藤田和日郎の『月光条例』の話。

月の光に惑わされ発狂してしまった御伽噺の住人たちが、現実世界にやってくる?
”理不尽なこと”に対して”正しく怒る”主人公が、そいつらをぶん殴る?

これは…間違いなくあれが来ますよ。
そう、藤田先生は、うしおととら第一巻にて、とある本を読んでこういいました。

「なんでかわいそうな女の子がかわいそうなことになっちまうんだよ!」

それがうしおととらを描く動機になったとか。
その本こそ…『マッチ売りの少女』。

『マッチ売りの少女』が月打(ムーストライク)することで、一体なにが起こるんだろうなあ。

というのは、本題ではない。

とにかく今週の月光条例すげー!!

鬼の金棒2撃で人類滅亡!?あまりにも嘘くさい上にスケール極大なハッタリに僕はもうメロメロです。

|

« 『<本の姫>は謳う(2)』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/41206228

この記事へのトラックバック一覧です: 来るな…これは間違いなく。:

« 『<本の姫>は謳う(2)』読了 | トップページ | 買ったもの »