« メモ | トップページ | 買ったもの »

2008.04.12

『新興宗教オモイデ教外伝(2) ~夜考事件~』読了

31nha9dbwql__sl500_aa204_

新興宗教オモイデ教外伝(2) ~夜考事件~』(原田宇陀児/ガガガ文庫)読了。

ミステリで言うところの事件編のようである。つまり、続き物の一巻と言うことだ。…その事実に読み終わるまで気がつかなかった自分に腹が立つ!なぁんてこった!続きが、続きがー!今回は、前巻で重要な役目を果たしたヒロインが主人公となって事件に関わってくるのだけど、前巻で力を失ってしまっているので、基本的に事件に翻弄されしまうのだけど、まあ一巻の主人公がそのまま出てくると、事件は始まる前に終わってしまうから、仕方の無いことなのかな…。全体的に、土着の血縁、伝統をモチーフとした陰惨さを扱っている作風で、まさしく横溝正史っぽい。ただ現代的な軽さも併せ持っていて、非常に面白く読めた。原田宇陀児って不思議な作家だなあ…と思った。

そして事件に巻き込まれるヒロインだけど、結局、例によって探偵Zが介入して(こいつら、いつもこんなことやってんのか。本当に正義のヒーローになるつもりか…)、事件は無理矢理収束されてしまうのであった。これだから超越メタ探偵は困る…。ヒロインに(読者にも)なんの解説もないまま解決されてしまっても、凡俗としては途方に暮れるしかないんですが…。とはいえ、自分自身に疑いを覚えてしまったヒロインは、ついに、我らが真の主人公であるヤツを召喚する!…のかな?一巻の時点の能力を保持しているのなら、基本的に最強にして無敵だからな…。メタ探偵VS無敵探偵の対決かよ…一体、物語はどこに言ってしまうのかしら。まあそんなことはどうでもいいから早く続きを出してくださいお願いします。

|

« メモ | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40853083

この記事へのトラックバック一覧です: 『新興宗教オモイデ教外伝(2) ~夜考事件~』読了:

« メモ | トップページ | 買ったもの »