« 『アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭』読了 | トップページ | メモ »

2008.04.11

『零崎曲識の人間人間』読了

51oe23itifl__ss400_

零崎曲識の人間人間』(西尾維新/講談社ノベルス)読了。

この零崎シリーズは、どうも焦点がはっきりしないというか…アクションを楽しむのか、それとも純粋にキャラ萌えをすればいいのか、それともメタに読むべきなのか、難しいよね。まあ考えてみれば、西尾維新はいつもそんな話ばかり書いているような気もするけどさ。隙(と言うか空白)がありまくるくせに、読み方だけは多様、と言うか。小細工、と言うのではないんだけど…なんか、読者に対してフェアじゃねえ作家だと思うんですよ。考えすぎ?たぶんそーだろーなー。

|

« 『アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭』読了 | トップページ | メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40844288

この記事へのトラックバック一覧です: 『零崎曲識の人間人間』読了:

« 『アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭』読了 | トップページ | メモ »