« メモ | トップページ | メモ(桜庭一樹について、雑感) »

2008.03.18

『藤堂家はカミガカリ』読了

51lcqty3jdl__ss500_
藤堂家はカミガカリ』(高遠豹介/電撃文庫)読了。

やべえ…これ、全然わからねえ…。なにが評価されて賞をとったのかが、どういうところが面白いのかが、まったく、わからない…。

表紙についてはネタにされているけど、これまた意味が良く分からず。一つが分からないと、いろいろと細かいところが気になってくるものではあるので、一概にどうこうは言えないにしても、それにしてもわからない。

主人公たちをあっさり受け入れる姉弟の思考回路も謎だし、組織としてまったく機能していない主人公たちの組織(命令系統があまりに杜撰すぎる…。行動原理や目的も謎だし…)、異世界なのに、まったく異世界していない(と言うか描写が無い)異世界など、いったい何をどう読めばいいのか本当にわからないんだが…。

えーっと…、これは一応、ハードボイルドアクション、と読めばいいのかしら?違う?うん、僕もそう思う。思うんだけど、他に読み方が分からないんだなあ。バディもの…としても別に主人公コンビに信頼関係があるわけではないし(僕には感じられんし)、主人公たちと護衛対象の姉弟の交流を描いた…にしては途中経過が飛ばされすぎだし(この展開でどうやったら主人公たちを信用出来るというのだ、姉よ…)、ユーモアアクション…と言うのが一番当てはまるのだろうか。

うーん、ここまで読み方が分からない話を読んだのは久しぶりだ。よって評価不能です。

この作品の評価は、他の人はどんな風に評価しているのかなあ。

|

« メモ | トップページ | メモ(桜庭一樹について、雑感) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40542292

この記事へのトラックバック一覧です: 『藤堂家はカミガカリ』読了:

« メモ | トップページ | メモ(桜庭一樹について、雑感) »