« 買ったもの | トップページ | 『MAMA』読了 »

2008.03.23

『荒野に獣慟哭す』の7巻発売について

61uc3ehiivl__ss500_荒野に獣慟哭す』の7巻発売。いやもう…伊藤勢ファンとしては、なんと言うか、感慨無量と言うか…。もう言葉に出来ない心境です。

ついに…ついに!…伊藤勢作品(異世界ものを除く)にして、初めて”海を越えた”ぞ!

もともと、オリエンタリズム溢れる、雑多な世界観を内包しており、海外(特に南米とかインドなど)への志向を強く持ちつつ、常に何らかの原因(作品の不人気、雑誌の休刊など)により、国外に出る前に連載終了の憂き目をあってきた伊藤勢が、ついに国外、しかも中南米へ物語が推移した!

今は、自分の中の喜びを噛み締めるのみである。

ここから、伊藤勢がどのような物語を紡いでいくのか。オカルトを基調にしながらも、常に実践主義とも言うべき、独特の現実認識をメインテーマにしているこの作者だけに、オカルト色が強まっていくメキシコ編をどのように展開させていくのか、今からわくわくして仕方が無い。

やべー、オレ、むちゃくちゃ楽しいわ。

|

« 買ったもの | トップページ | 『MAMA』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40610559

この記事へのトラックバック一覧です: 『荒野に獣慟哭す』の7巻発売について:

« 買ったもの | トップページ | 『MAMA』読了 »