« 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』読了 | トップページ | 買ったもの »

2008.02.15

『ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド』読了

51p2blvycmll
ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド』(上遠野浩平/電撃文庫)を読んだ。つーか、上遠野浩平と言う作家は、どこまで自分の中のものだけで勝負して行くんだろうなあ…。良くも悪くも変わらない。

しかし、まあ…何と言うかどん詰まりな話だよなあ…。メザニーン(中二階)と言うキーワードが指し示すように、なんかもすべてが終わってしまった過去の出来事に延々と拘り続けている人々の話。しかも、そんな過去の出来事は、どう考えても、誰が見てもまったく無意味そのものなんだよな…。そんな無意味な出来事を繰り返し、繰り返し反芻し続けている無意味さが…どうにもならん!

なんか、この物語って、いつまで経っても大人になりきれない大人が、青春時代を捨てきれず、忘れきれずに延々と反芻し続けている…と、そんな印象を受けるんだよな。そんなことに拘っていたところで何の意味も無く、きちんと大人になることが必要なのだけど、それが出来ない感覚。つまり、自分が自分になれない中途半端さを抱え込んだ人間の内面を物語にしているような気がする。

いい加減、大人になれない自分に苛立ちつつ、それなのに過去に目を向けることをやめられない。そんな自分を嫌悪するからこそ、なにか思い切りすべてを破壊したいと願いつつ、自分から何かを起こすのではなく、何か外部からの力(ブギーポップ)を望み続ける虫のよさ。しかし、結局、過去の思い出からも取り残される(=年をとっていく)ことのどうしようもなさがある。…もうこりゃどうにもならんな。

なんと言うか、いまだにこういう作品を書いてしまう上遠野浩平が逆に心配なのだが、正直なところ人の心配をしている暇がないのがこの吉兆さんなのね。

オレ自身こそが突破口をみつけにゃあならんのだ…。

|

« 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40126841

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド』読了:

« 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』読了 | トップページ | 買ったもの »