« 買ったもの | トップページ | 読書/ゲーム日記 »

2008.02.26

『マーベラス・ツインズ(1) 謎の宝の地図』読了

51vhmljddgl__ss500_
マーベラス・ツインズ(1) 謎の宝の地図』(古龍/ゲームシティ文庫)読了。

強烈に面白い。

主人公は不適で大胆な悪童。機知に通じ目端の利くが、陰湿にはならない陽性を併せ持った少年なのだけど、女の子にだけはちょっと甘い。そんな彼が武林の使い手たちが捜し求める宝の存在に関わってしまったことから生じるさまざまな危機を、口先三寸でやり込めやり過ごす痛快な物語であります。もちろん美少女わんさかで、けなげに主人公を慕う(でもちょっと気が強い)男装の美少女や、激烈に強くて怖い美少女、優しいけれども主人公にひどい目に合わされて恨む美少女など、萌え要素もばっちりだぜ!わすれちゃならねえのが、異常にキャラ立ちした武林の達人たちで、もはやその能力は山田風太郎の忍者レベルの変態たちな上に、欲の皮が突っ張った悪人だったり、あるいは義に厚い好感だったりと、お前らキャラ濃すぎ。そして。そんな異常に濃いキャラを容赦なく殺しまくる古龍先生はやっぱり只者ではない人だと思いました。

パッケージについては、それほど気にならず。新しいマーケティングの開拓としては順当なところではないかしら。武侠小説について、興味のあるライトノベラーの方は是非読んでみることをオススメします。

(武侠小説って何?と言う人に簡単に説明すると、時代小説と伝奇小説を足したような感じ。わかんない?まあとりあえず金庸の『碧血剣』でも読んでみてよ)

|

« 買ったもの | トップページ | 読書/ゲーム日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/40271538

この記事へのトラックバック一覧です: 『マーベラス・ツインズ(1) 謎の宝の地図』読了:

« 買ったもの | トップページ | 読書/ゲーム日記 »