« 『カッティング ~Case of Tomoe~』読了 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯 »

2008.01.25

『創世の契約(3) 傭兵王』読了

51xitabuyfl
創世の契約(3) 傭兵王<レギオネスト>』(花田一三六/C・ノベルズファンタジア)を読んだ。

2巻において絶大なる影響力をもった、傭兵団長ライゲンベックが凶弾に倒れるという展開。こういうの、主人公に対して強い影響力を持った庇護者が、道半ばにして倒れる、というのはビルドゥンクスロマンとしては王道だよな。もっとも、ライゲンベックがあっさり復活してしまったのには、少々肩透かしだったけれども。

けど、物語がそのままレスティの成長物語には進まず、傭兵王とも呼ばれることになったライゲンベックと、その仲間たちの物語に移ってしまったことを考えると、これで良いのかもしれない。と言うか、作者の中では、この作品はレスティ(ベルネ)の物語ではないんだろうね。

視点があっちこっちに飛びまくり、凶弾を放った犯人探しをやっているかと思えば、橋作りの職人たちのいがみ合い、あるいは若きライゲンベックとその仲間たちの立身出世物語と、わりとごたまぜ感があるんだけど、これは、人間と混血の希望である「傭兵王国」そのものを描こうとしているのだ、と思うと納得が出来た。

ちょっと詰め込みすぎ、つーか、圧縮しすぎなところがあるんだけどね。まあそれはそれで。

|

« 『カッティング ~Case of Tomoe~』読了 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17646110

この記事へのトラックバック一覧です: 『創世の契約(3) 傭兵王』読了:

« 『カッティング ~Case of Tomoe~』読了 | トップページ | 2007年下半期ライトノベルサイト杯 »