« 『レンズと悪魔(5)魔神陥落』を読んだ | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(8)』の完結編 »

2007.12.03

『彩雲国物語 隣の百合は白』読了

51ztud7adxl
彩雲国物語 隣の百合は白』(雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫)読了。

今回は短編集と言うか外伝集らしいのだが、「恋愛指南争奪戦!」のあまりのくだらなさに度肝を抜かれた。ここで言うくだらなさと言うのは、よくも自分の作品をここまでオモチャに出来るものだなあ、と言う呆れ混じりの感心するもので、決して否定的な意味合いではないが。まあ、ここまでやっちゃった感のある小説を読んだのは、最近だと『学園キノ』以来かも知れぬ。とにかくひどかった(無論、いい意味で)。「お伽噺のはじまりは」については、邵可の過去の話が語られているんだけど、ちょっと話が短すぎでなんともいえないかな。「地獄の沙汰も君次第」は、黎深の結婚話なんだけど、初登場の百合姫と黎深のお互いにあまりにも鈍すぎるやりとりが面白かった。百合姫はなんか良い人と言うか、可愛い人ですよね。でも、黎深ってどう考えてもただの性格破綻者なんだけど、女性ってこういうところが好むのかなあ。一緒の暮らすのは大変だと思うんだけど。

|

« 『レンズと悪魔(5)魔神陥落』を読んだ | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(8)』の完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17258235

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了:

« 『レンズと悪魔(5)魔神陥落』を読んだ | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(8)』の完結編 »