« 『永遠の戦士コルム1 剣の騎士』読了 | トップページ | 『ジョン平とぼくと(4) ジョン平とぼくときみと』読了 »

2007.12.13

『柳生薔薇剣』読了

51r4vxn3k4l
柳生薔薇剣』(荒山徹/朝日新聞社)読了。

これは酷い…などと言う気もあまり起こらない。むしろ荒山先生ならこれくらいは当然だよね、と言う諦観と言うかむしろそこが良いというかそれすらも言うまでも無いというか。まあオレ柳生と朝鮮妖術が炸裂するのは読む前からの了解事項であって、まあツッコんだら負けかなと思ってる。相変わらず文体は格調高く、資料の読み込みは深く、歴史にリスペクトしないことおびただしいだけど、この作者にしては割合まっとうなチャンバラ小説。単に超強い柳生女剣士を書きたかっただけなんじゃないかと言う疑いも覚えるものの、沈着冷静で重厚な宗矩が腹黒く活躍してくれるのでそっちの方面の嗜好もキャッチしている様子。そんなことで喜んでしまう自分は相当に安い人間だな、と思うのでした。ところで主人公にして最強オレ柳生の女剣士、柳生矩香と我らが柳生十兵衛のやりとりを始めとして、やたらと文体のテンションがおかしくなっているような気がする。ぶっちゃけるとライトノベルなみのテンション。もうつるつる。作者がこのあたりで何も考えずに書いているのが丸分かりで、作者の欲望がストレートに表出しているように思える。なんか(柳生と朝鮮と読者に対する)ツンデレ作家、荒山徹とも思えない素直ぶりだ。なにかあったのだろうか…。

|

« 『永遠の戦士コルム1 剣の騎士』読了 | トップページ | 『ジョン平とぼくと(4) ジョン平とぼくときみと』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17353244

この記事へのトラックバック一覧です: 『柳生薔薇剣』読了:

« 『永遠の戦士コルム1 剣の騎士』読了 | トップページ | 『ジョン平とぼくと(4) ジョン平とぼくときみと』読了 »