« 『ツァラトゥストラヘの階段』を読んだ | トップページ | ごちゃごちゃと買った。活字なら何でも良かった。後悔はしていない。 »

2007.12.11

『さよならピアノソナタ』読了

51cc9oslxwl
さよならピアノソナタ』(杉井光/電撃文庫)読了。

これなんてエロゲ?とか一瞬言いたくなってしまったが、なんか瀬戸口廉也シナリオでこういうのがあるような気がする…もちろん『キラ★キラ』をやっている影響です。まあ世間から外れた女の子(もちろん美少女でツンツン)になんとかコミュニケーションを取ろうとする。まあ要するにハンディを持っている愛に飢えた美少女を嫌いな人間なんていないよねーとか書いてしまう自分がちょっと嫌。ちょっと『とらドラ!』とも似たところがあるんだけど、とらドラ!と大きく異なるのが、主人公がいわゆる”駄目”な側の人間であるということだろう。ここで言う駄目な人間と言うのは、いわゆる他者とは共有するものが無いアウトサイダー敵な感覚を強く持っている人間のことで、まあ社会不適合者のこと。他人が楽しいと思うのものが楽しめない、他人が悲しいと思うものが悲しめない。そんな人間の悲哀と傲慢を描くのが、この作家はつくづく上手い。ただ、『神様のメモ帳』と比較すると、そう言った部分は抑え目になっていて、また女性キャラが多くなって華やかになっているような気もするのでいいんじゃないでしょうか。まあ僕は『神様のメモ帳』の方が好きだけど、それは僕は駄目人間レベルが高いからかな。

|

« 『ツァラトゥストラヘの階段』を読んだ | トップページ | ごちゃごちゃと買った。活字なら何でも良かった。後悔はしていない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17336421

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならピアノソナタ』読了:

« 『ツァラトゥストラヘの階段』を読んだ | トップページ | ごちゃごちゃと買った。活字なら何でも良かった。後悔はしていない。 »