« 年末だというのに相変わらず本ばかり買っている | トップページ | 今年の最後に »

2007.12.31

『プリンセスハーツ ~両手の花には棘がある、の巻~』読了

513ozesukzl
プリンセスハーツ ~両手の花には棘がある、の巻~』(高殿円/ルルル文庫)読了。

ツンデレ仮面夫婦シリーズの2巻目。相変わらずお互いの気持ちを決定的に誤解していることから生じるドタバタを描いている。こう書くとまるでラブコメのように思えるけど、そのドタバタは国家の浮沈に関わるドタバタなんだけどな…。お互い、相手の気持ちだけじゃなくて、自分自身の気持ちさえ誤解(と言うより真実を知りたくないのか)したままいがみ合うことで、どんどん状況を悪くしていくこの夫婦は本当に似たもの同士だよ!少しは大人になれ!そんな中学生の恋愛みたいな二人の間隙をぬって繰り広げられる陰謀劇が今回の主眼になるわけだけど、正直、この二人の間は隙だらけなので、今まで無事だったほうが不思議な気もする…。今回は一方的にしてやられた展開に終始したけど、ここから仮面夫婦の反撃があるのかな。反撃のついでにお互いの溝を修復して、歩み寄っていく展開になるのがラブコメの王道だと思うだが、作者はどのようにしていくのかなー。とりあえず次巻を待とう。

|

« 年末だというのに相変わらず本ばかり買っている | トップページ | 今年の最後に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17527964

この記事へのトラックバック一覧です: 『プリンセスハーツ ~両手の花には棘がある、の巻~』読了:

« 年末だというのに相変わらず本ばかり買っている | トップページ | 今年の最後に »