« 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 | トップページ | ゲームについて一言と購入記録 »

2007.12.04

『流血女神伝 喪の女王(8)』の完結編

51rhajokthl
流血女神伝 喪の女王(8)』(須賀しのぶ/コバルト文庫)読了。

長い間続いた流血女神伝もこれにて完結。いやめでたい。作者もお疲れ様でした。それで内容のほうだけど、ものすごいアクロバットをかまして驚くべきことに物語を着地させたことには賛嘆の念を禁じえない。あそこまで錯綜した状況を、ドーンの決断を中心にして無理矢理纏め上げている…。まあその弊害も大きくて、カリエとドーン以外の登場人物たちの動向を地の一文だけで終わらせたりしていて、それぞれが主役級の存在感を持ちながら、物語上の必要性のみで整理されてしまった感がある。具体的にはランゾット・ギアスの一代記には別にシリーズ化してもいいだろう!?と言うのが我輩の切なる願いである。グラーシカの退場の仕方もひどかったし…。まあ、風呂敷を畳むのに精一杯だったんだろうなあ。物語の舞台を広げすぎてしまったのが原因だろうけど、ここまでシリーズが長期化すると、それもどうしようもないことかも知れないが。ザカリア女神が正しい意味でデウス・エクス・マキナとして物語を強引に神々の終焉として決着させたあたりはさすが神様であるなあ。なんか貶してしまったけれども、別に面白くなかったわけじゃなくて、だからこそもうちょっとつっこんだところを読みたかったわけだけど…まあ、ここまで長大化した物語をとにかく決着させたのはえらかったと思う。今回が一区切りと言うことで、次代の子供たちも物語も読んでみたいので、その辺のところもよろしくお願いします。

|

« 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 | トップページ | ゲームについて一言と購入記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17268448

この記事へのトラックバック一覧です: 『流血女神伝 喪の女王(8)』の完結編:

« 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 | トップページ | ゲームについて一言と購入記録 »