« なんかいろいろ買った | トップページ | 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 »

2007.12.01

『レンズと悪魔(5)魔神陥落』を読んだ

51e5q8osgcl
レンズと悪魔(5)魔神陥落』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

”税騎士”なるバカバカしい字面と、その実態との乖離はこの作家らしいユーモアか。徴税に関する下りなどは、まったくどこの口から言い出してやがるんだこの大法螺吹きが、とツッコミを入れたくてしょうがない。もっともらしく法螺を吹くと言うのは、いわゆる最悪なタイプの嘘つきですよねー。もっとやってください。税騎士たちのフリークスぶりがなかなかグロ楽しい。実はフォーク使いがお気に入りだったりして。おめー、もうちょっと人の話を聞け。この作品には悪人のキャラクターが実にユーモアたっぷりで個性的なんだけど同時に最悪と言うにも生ぬるい外道も多くて、と言うかユーモアたっぷりの愉快なクソ外道の描写が最高に素晴らしいのだけど、この巻で最高潮に達した感じだ。微笑ましくもコメディタッチで殺戮を繰り広げる外道どもの姿を見ていると、なんと言うか、人間性と言うものへの根深い恐怖が感じられてくるような気がするから不思議だ。外道が外道らしく振舞うのは別に当然なのだが、真に恐ろしいのは優しくフレンドリーな外道と言うことだな。あーおっかねえなあ。

|

« なんかいろいろ買った | トップページ | 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17236804

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンズと悪魔(5)魔神陥落』を読んだ:

» レンズと悪魔Ⅴ 魔神陥落/六塚光 [狭間の広場]
六塚 光 レンズと悪魔 5 (5) (角川スニーカー文庫 179-11) 【風雲急を告げる八眼争覇。バベルハイズ博物館に魔手が伸びる――! ルナとともに、オーラン族虐殺事件の跡地を訪れたエルバは、そこで墓守を自称する二人の人物に出あう。 一方、八眼争覇を戦う新たな敵が、... [続きを読む]

受信: 2007.12.01 17:24

« なんかいろいろ買った | トップページ | 『彩雲国物語 隣の百合は白』読了 »