« 『氷の海のガレオン/オルタ』読了 | トップページ | 買ったもの »

2007.12.27

『時載りリンネ!(2) 時のゆりかご』を読んだ

512bcmsbhtil
時載りリンネ!(2) 時のゆりかご』(清野静/角川スニーカー文庫)読了。

ライトノベルである以前に、ジュブナイルファンタジーとして成立しているのがこのシリーズの良いところだと思っているのだけど、今回もまさしくそんな感じ。少年と少女の冒険譚として成立しているのが良いのです。時載りの力と言うのは、まさしく子供が子供であるがゆえに世界と対峙出来る力であるのだよなあ。そしてそんな子供と対峙するのは、子供の世界を脅かす、”悪い魔法使い”。悪い魔法使いに対して、知恵と勇気と(もちろん友情とバトルも)で立ち向かうあたり、完璧にジュブナイル。とても懐かしい気持ちを呼び起こされます。ライトノベルとしてもある意味類型的な部分もあるんだけど(未到ハルナのキャラはどう考えても某赤い人だよなあ)、逆にジュブナイルの部分とライトノベルとしての部分が不思議な融合を果たしているとも取れる。面白い事をやっているなあ。

|

« 『氷の海のガレオン/オルタ』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17489567

この記事へのトラックバック一覧です: 『時載りリンネ!(2) 時のゆりかご』を読んだ:

« 『氷の海のガレオン/オルタ』読了 | トップページ | 買ったもの »