« まあ僕は瀬戸口廉也のファンと言うより信者なんで買わないという選択肢は無かったんだけど | トップページ | 久しぶりに自分自身を褒めてやりたい »

2007.11.24

『ギャルゴ!!!!!-地方都市伝説大全-』を読んだ

514hucctmcl
ギャルゴ!!!!!-地方都市伝説大全-』(比嘉智康/MF文庫J)を読んだ。

女の子がいっぱーい出てきて主人公と関わって、なんだかんだと苦労しながらもさまざまな事件を解決しようと奔走する主人公の話。主人公が、平凡ながらも素朴な正義感が行動の基盤になっているところが実に好ましく、良いと思った。女の子のために体を張ったり、困っている人を助けようとする気持ちってのは、とても正しい気持ちだと思う。それだけに、その気持ちだけで貫き通すことは難しいのだけど、そこを頑張ろうとする主人公の気持ちは尊重してあげたくなる。なんか気分が良くなるっていうか。誰かのためのヒーローになりたいと言う、ある意味において非常に幼くも正しい気持ちが素直に肯定されているのが疲れた心を癒してくれる。物語の中くらい、正義の味方になりてえぜ!また主人公を取り巻く女の子たちも魅力的で(まあ犬だったり人形だったり、人間の女の子がほとんどいないんだけどさ)、いわゆる良い意味で嫌味が無いのも良い。すわ、この作品は桃源郷かエリュシオンなのか。まあ、口汚く言ってしまうと、そんな良い意味で現実感の無い話で、ストレスが一切存在しない物語作りをされていて、僕のような心の汚れた大人の心を癒してくれるような、そんな話なのでした。ジュブナイル的な側面を強く持ったライトノベルと言えるのかもしれんね。

|

« まあ僕は瀬戸口廉也のファンと言うより信者なんで買わないという選択肢は無かったんだけど | トップページ | 久しぶりに自分自身を褒めてやりたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17167298

この記事へのトラックバック一覧です: 『ギャルゴ!!!!!-地方都市伝説大全-』を読んだ:

« まあ僕は瀬戸口廉也のファンと言うより信者なんで買わないという選択肢は無かったんだけど | トップページ | 久しぶりに自分自身を褒めてやりたい »