« 書き忘れ | トップページ | 『遠まわりする雛』読了 »

2007.11.15

『不気味で素朴な囲われた世界』読了

51vycntlfnl
不気味で素朴な囲われた世界』(西尾維新/講談社ノベルス)読了。

おーおーおー。なるほど。面白い。と言うか西尾維新らしい。作者特有のどこまでも”リアル”を拒否した書き割りめいた世界観を逆手にとって、”囲われた世界”を演出するあたり上手いといえばいいのか卑怯と言えばいいのか迷うところだけど、こういうことを平然とやっちゃうところが西尾維新だなあ。なんか屁理屈っぽいけど…まあ作品としては筋が通っている。なんだかんだと言っても、西尾維新は”理”と言うものを重視していて、(作者の)論理に合わないことをしないあたりに不思議と律儀な印象を受けた。

|

« 書き忘れ | トップページ | 『遠まわりする雛』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17085695

この記事へのトラックバック一覧です: 『不気味で素朴な囲われた世界』読了:

« 書き忘れ | トップページ | 『遠まわりする雛』読了 »