« 『ドアーズ(1)』を読んだ。 | トップページ | 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 »

2007.11.27

『ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険(2)』を読んだ

51v4tgmfeql
ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険(2)』(ヤマグチノボル/MF文庫J)を読んだ。これ、続き物だったのか…とまず驚いた。なるほど、本編ではいまひとつ物語に関わってこないタバサが、サイトたちの活躍の裏でどのような活動をしていたのか、と言う話らしい。学園での戦いの後、コルベール先生がどこに連れて行かれたのとか、キュルケの気持ちとか、きちんと本編の補完になっているところも良いですな。タバサは主人公としては自己主張をまったくしないので非常に動かし難いタイプだと思うんだけど、一見、感情表現をしない中でも、中身はわりとお人よしだったり、むきになったりするところもあるなど、作者の計算通りだとは思うのだけど、ずいぶんキャラクターに幅が出てきたものだと思う。これは本編の影響かもなあ。あと、キャラクターの魅力は本編と遜色無いにしても、キャラ小説と言うよりは、普通のエンターテインメントの方向性(例えばサスペンスだったりミステリだったり)を持っているところもわりと嫌いじゃないですね。

|

« 『ドアーズ(1)』を読んだ。 | トップページ | 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17200590

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険(2)』を読んだ:

« 『ドアーズ(1)』を読んだ。 | トップページ | 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 »