« 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 | トップページ | 『時砂の王』を読んだ »

2007.11.28

『<本の姫>は謳う(1)』はまだまだ序章と言う感じ

51ckh0pkijl
<本の姫>は謳う(1)』(多崎礼/C☆NOVELSファンタジア)を読んだ。『煌夜祭』にてかなり度肝を抜かれてしまった作家の待望の新作。『煌夜祭』において、なによりも魅力的な”物語”と、それを生み出す”世界”の調和が美しかった作家だけど、現時点において、いまだ物語と世界が結びついていない。しかし、作者がなんらかの仕掛けを施していることは、一巻を読んだ時点でピンとくるものがあるので、まったく持って続編が待望されるところである。”現在”パートと”過去”パートが交互に語られていくと言うトリッキーな構成が結びついていく今後の展開に期待。そしてその期待は裏切られることは無いだろうという確信が、この本を読んでいるうちに湧き上がってきた。これはもしかしてすごいものになるような気がする。

|

« 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 | トップページ | 『時砂の王』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/17210194

この記事へのトラックバック一覧です: 『<本の姫>は謳う(1)』はまだまだ序章と言う感じ:

« 『キラ☆キラ』を進めてみる…つもりだったのだが。 | トップページ | 『時砂の王』を読んだ »