« 絶賛残業中 | トップページ | 『パラケルススの娘(7) ラーオ博士のサーカス』読了 »

2007.09.27

『堕ちた天使と金色の悪魔』読了

02917791
堕ちた天使と金色の悪魔』(浦賀和宏/講談社ノベルス)読了。

非常に変則的かつ癖が強いながらも、主人公である八木剛士の成長物語になっていることにマジで驚愕した。浦賀和宏らしい10代のどん詰まりの青春を送る八木が、松浦純菜と出会うことによって他者と交流する喜びを知り、交流したらしたで高校生男子らしい性欲とか独占欲に満ち溢れた葛藤にさらされながらも、結局は気になる女の子のヒーローとして行動し、事実ヒーローとして成し遂げる過程をこの巻まできちんと描いているんだもんなあ…。前々巻で、ついに己を虐げる社会へのルサンチマンを爆発させるにいたり、世界に対して一矢報いたことで、己の外見に対するコンプレックスも払拭し、ますます人間的に成長しつつあるところも頼もしい。と言っても、その成長は己の力への自負と、周囲への侮蔑によるものであって、また思想的にも瀧教師の思想の受け売りだったりするあたり、やたらとリアルな高校生っぽくて良い。成長物語も、浦賀和宏が書くとここまで痛々しくなってしまうのだなあ。でもそこには痛々しくもありながらも、確かに自分なりに成長しようと言う姿があって、どこか懐かしく、胸を打たれるものがたしかにあると思うのだ。

ところで坂下ハルって、明らかに長門的な無口で無感情系のヒロインを狙ってねえ?まあ浦賀和宏が涼宮ハルヒの憂鬱を観ていても(or読んでいても)全然意外でもないんだけど。ここまで露骨にやってくれるとは…そこに痺れる憧れるぅ!

|

« 絶賛残業中 | トップページ | 『パラケルススの娘(7) ラーオ博士のサーカス』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16585720

この記事へのトラックバック一覧です: 『堕ちた天使と金色の悪魔』読了:

» 【中古】グッドスマイルカンパニー/ねんどろいど 涼宮ハルヒの憂鬱 バニーガールパールVer1 [ゲーム・アニメ・漫画の宝箱]
※箱へこみ有り ワンダーフェスティバル 2007[夏]限定グッドスマイルカンパニー 涼宮ハルヒの憂鬱 バニーガールパール ねんどろいど 涼宮ハルヒの憂鬱 バニーガールパールVer.セット ⇒ほか涼宮ハルヒの憂鬱アイテム... [続きを読む]

受信: 2007.09.28 12:15

« 絶賛残業中 | トップページ | 『パラケルススの娘(7) ラーオ博士のサーカス』読了 »