« 『ひぐらしのなく頃に 第一話鬼隠し編(上)』読了 | トップページ | 買ったものとかなんとか »

2007.09.14

買ったものとか

以下戯言。

あちこちに話題沸騰中のこのエントリは、言いたいことはすごく分かるし、言いたくなる気持ちもわかるんだけど、まあ難しい話だよなあと思う。別に大人の事情とかの話じゃなくて、渾身の作品と言っても、結局それは読者である自分が判断をした主観的なものなので、厳密に言って本当に渾身の作品なのか判断できない。同じ本でも読むタイミングと読者の知識量でも全然受け取り方が変わって来ますからねえ…。

例えば、僕は『スレイヤーズ』って、ずいぶん昔に10巻ぐらいまで読んだ時点でどうしようもないゴミだと判断していて、それっきり放り捨てていたんですね。またああいうライトファンタジーに対する嫌悪感というのも根深く持っていて、ここ数年までファンタジーと言えばハイファンタジー以外認めん!と断言していたんですけど、最近になって読み直してみると、これがものすごく技巧的に高度なことをやっていることが分かるんですよ。ハイファンタジー的な世界設定と、サスペンスを基調にしてアクションを融合していて、それを平易な文章で描いていると言う点とか。これはどう考えても片手間で出来る内容じゃない、かなりの力作であると判断せざるを得なくて、表層のライトさに囚われて嫌悪していた昔の僕の目は節穴だったと言うことを深く納得したものです。

そんな人間が、この小説は魂がこもっていないなんて判断できるわけねーしなー、と言う、ごく個人的な話です。


今日買ったもの。

1.『墜ちた天使と金色の悪魔』 浦賀和宏 講談社ノベルス

この『松浦純菜』シリーズは、正直なところあまりにも作者が本気すぎて読むたびに死にそうになります。なんと言うか、その、どうしようもない…。世の中、こんな負の方向に力作ばかりあっても困るので、ほどほどに肩の力がぬけた作品もあっていいんじゃないでしょうか。毒にも薬にもならないと言う言い方もあるけど、毒にならないだけいいじゃん。これ、劇薬だぜ。

しかし、”渾身の作品”と言うのは、その、読者としても読むのが死ぬほど疲れるなあ…。

|

« 『ひぐらしのなく頃に 第一話鬼隠し編(上)』読了 | トップページ | 買ったものとかなんとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16440125

この記事へのトラックバック一覧です: 買ったものとか:

« 『ひぐらしのなく頃に 第一話鬼隠し編(上)』読了 | トップページ | 買ったものとかなんとか »