« 『悪魔のミカタ666(3) スコルピオン・デスロック(上)』読了 | トップページ | 意識が朦朧としてきました(酒で) »

2007.09.22

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意』読了

02908570
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意』(入間人間/電撃文庫)読了。

相変わらず厭な話だなあ(一応、褒め言葉)。ただ、前回はみーくんと子供たちとか、厭な中にもほのぼのとした部分があったんだけど、今回はかなり徹底して厭な感じの話になっている。ただ、その厭な感じの描写が分かりやすくなりすぎている気がするのが気になったな。手癖で書いていると言うか…。まーちゃんの、いっそ読者である撲が引くほどの壊れた思考(ヤンデレっつーの?)をするのは良いのだけど、新しく出てきた今回のヒロインがちょっとね。読者へ与える影響について、最初に萌えさせて実は…と言うパターンにはまっている印象があった。要するに西尾維新のフォロワー過ぎるんだよなー。1作目はそれでも良いのだけど、そろそろ別の領域にいかないと厳しくなるかも。…撲が。相変わらず悪趣味な話であるので、その点については大変素晴らしいのだけど、自己陶酔と韜晦に満ちた饒舌さに頼りすぎると、それだけでは物語の手段を目的化していることになりかねず、単に悪趣味的なゲテモノで終わってしまう。まあそういう方向性もありといえばありなんだけど…。まさそのあたりは3巻を読んでから考えるとしましょうかね。なんか今回、あまり褒めていないことに気がついたんだけど、別に面白くないといっているわけじゃなくて、前回と同様に面白かったんだけど、前回と同様に悪趣味でありすぎる点が気になるなーと。もうちょっと作者の新しいものを見せてくれると嬉しいのだが…と言う読者の我儘ですはい。

|

« 『悪魔のミカタ666(3) スコルピオン・デスロック(上)』読了 | トップページ | 意識が朦朧としてきました(酒で) »

コメント

はじめてたどりつきました。暑い日が続きますね。普段漫画くらいで、読書などはめったにしないですが、最後によんだのは「くじびきアンバランス」 ここにくるともっとよんでみたくなりました。
とくに8月のラインナップが最高でした

投稿: りた | 2007.09.23 02:24

もういつまでも涼しくならんものでクーラーをつい使ってしまいますね。それはそれとして8月のラインナップとは…。そんなに変なものを書いていたかな…。

投稿: 吉兆 | 2007.09.23 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16538867

この記事へのトラックバック一覧です: 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意』読了:

» [書評][入間人間][嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん][ミステリ][★★★]嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2) 善意の指針は悪意 [いつも感想中]
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 (2) (電撃文庫 い 9-2) 作者: 入間人間 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 ストーリー みーくんはとにかく嘘つきで、 まーちゃんは壊れてる。 そういうお話・・・なんだけど。 うーん みーくんは嘘... [続きを読む]

受信: 2007.09.23 20:02

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2/入間人間 [ラノベ365日]
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2入間 人間 メディアワークス 2007-09-10by G-Tools 【殺人未遂の被害の末に入院した僕を追って、自ら頭を打って入院してきたマユ。二人の入院した病院では一人の患者が行方不明になっており、マユはその子の死体を見たというのだが・・・】 ..... [続きを読む]

受信: 2007.10.02 02:27

« 『悪魔のミカタ666(3) スコルピオン・デスロック(上)』読了 | トップページ | 意識が朦朧としてきました(酒で) »