« 疲労困憊ながらも収穫してきたもの | トップページ | 意識が朦朧としてきました »

2007.09.21

『世界平和は一家団欒のあとに(3) 父、帰る』読了

02908574
世界平和は一家団欒のあとに(3) 父、帰る』(橋本和也/電撃文庫)読了。

正義の味方家族の次なるお話は、今まで留守にしていた父親が帰宅と、異世界からの女の子が家にやってくることから始まる。女の子を守るために少年は父と戦い、父はかけがえの無い家族のために剣を取る。いい感じに無気力で、過去の出来事のためにひねくれている主人公が、超えられない壁を無理矢理こじ開けようと死に物狂いでぶち破ろうと足掻く姿に痺れた。熱血主人公ではなく、ある意味において熱血とはかけ離れたヘタレ兄貴が、実は見えないところで努力していたと言うところもたまらんです。努力は他人に見せるもんじゃなくて、いよいよと言うときになったとき、「オレ、実はこういうことも出来るようになったんだぜ?」とばかりに減らず口を叩くあたり、僕の想定するダンディズムにピタリとはまる。格好いいな、こいつ…。物語としてはシンプルことの上ないのだけど、決して引けない一線と言うものをかけて戦う主人公と親父さんの動機が実に明確で、最後まで揺らがないところが素晴らしいと思う。主人公の父親越えにして初恋のエピソードとして良く出来ているんじゃないかと思いますよ。

|

« 疲労困憊ながらも収穫してきたもの | トップページ | 意識が朦朧としてきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16516949

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界平和は一家団欒のあとに(3) 父、帰る』読了:

» [書評][橋本和也][世界平和は一家団欒のあとに][神秘/奇跡/魔法][陽気/元気][★★★★]世界平和は一家団欒のあとに(3) [いつも感想中&ちんこ大噴火中]
世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3) 作者: 橋本和也 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 ストーリー 星弓一家はそろいもそろって超常的な能力を持った一家で、父ちゃん勇者、母ちゃん魔法使い、姉は地球外まで悪の宇宙... [続きを読む]

受信: 2007.09.27 06:25

» 世界平和は一家団欒のあとに 3/橋本和也 [ラノベ365日]
世界平和は一家団欒のあとに 3橋本 和也 メディアワークス 2007-09-10by G-Tools 【星弓家の父にして元勇者、耕作が久しぶりに帰宅することになる。時を同じくして軋人の前に清楚なワンピースを着てごついギターケースを抱えた美女が現れて・・・】 「倒そうぜ、魔王っての。ど..... [続きを読む]

受信: 2007.10.05 03:32

« 疲労困憊ながらも収穫してきたもの | トップページ | 意識が朦朧としてきました »