« 『ウェディング・ドレスに紅いバラ』読了 | トップページ | 『カッティング~Case of Mio~』読了 »

2007.08.08

『夜空の双子座に紅いバラ』読了

02799608
夜空の双子座に紅いバラ』(岡崎裕信/スーパーダッシュ文庫)読了。

田中芳樹原作の『ウェディングドレスに赤いバラ』の続編を岡崎裕信が書きました。正直、田中芳樹と岡崎裕信は作家としての方向性が違いすぎるのでどうなることかと心配になってしまったけれど、読んでみたら思ったほど違和感が無いことに驚きました。無論、田中芳樹マニアとしては年季(だけ)は入った吉兆めといたしましては、全体的に性格が過剰になっている感触は受けるものの(伯父さんとか)、概ねにおいて原作キャラを上手く取り込んでいるように思います。双子の美少女キャラを出してあからさまにテコ入れを出したりしているところは、いかにもな印象を受けるのだけど、伝奇アクションではありながらもどこかのほほんとしていて、生死をかけたバトルをしていても不思議と深刻になり過ぎないところなど、原作の雰囲気を良く出ていると感じられるのですが、良く考えてみると、もともと岡崎裕信と言う作家にはそういうところがあって、壮絶なバトルを繰り広げていても、奇妙に切羽詰ったものを感じさせないところがあり(それは長所でもあり短所でもあるのだが)、どこか深刻になりきれないユーモアと言う点では田中芳樹と似通ったところもあるのだなあ、と、今まで気がついていなかった作者の側面にも気付かされた思いです。結局は見せ方の問題なわけで、今回のように過剰なキャラ付けを敢えて封印し、エピソードを積み重ねていく手法をとることで、同じ作者でもここまで印象が変わるのか、と、驚きを禁じえないのでした。意外と面白いですよ、これ。

|

« 『ウェディング・ドレスに紅いバラ』読了 | トップページ | 『カッティング~Case of Mio~』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16052133

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜空の双子座に紅いバラ』読了:

« 『ウェディング・ドレスに紅いバラ』読了 | トップページ | 『カッティング~Case of Mio~』読了 »