« 買ったもの | トップページ | 『夜空の双子座に紅いバラ』読了 »

2007.08.07

『ウェディング・ドレスに紅いバラ』読了

02799607
ウェディング・ドレスに紅いバラ』(田中芳樹/スーパーダッシュ文庫)読了。

田中芳樹作品はよく新装版にして再販を行うケースがあって、この『ウェディングドレスに赤いバラ』も何度も再販されていて、実のところまたかと思わなくも無いのだが、スーパーダッシュ文庫で、表紙が小林立だったりしたのを本屋で見た瞬間の衝撃はかなりのものだった。そのときの心理状態を表現するならば、まあ「な、なんじゃあこりゃあ…」と言うしかないのだが、それにしたってあんまりと言えばあんまりすぎじゃろ?とはいえ、こういう挿絵のもと改めて読んでみると、これがきちんと(と言うのも変な感じだけど)ライトノベルっぽくなってくるのが不思議と言うか。もしかすると、ライトノベルと言うのは作品の質がどうこうと言うものではなくて、やはりパッケージによるものなのではないだろうか、と思うのだった。

作品の内容については、まあたぶんこれで3回目くらい読む作品なので今更何をか言わんやと言う心境で、何を言っても白々しいことこの上ない。まあ敢えて言うとすると、いつも通りの田中芳樹だったなあ、と。ただ、田中芳樹はときどきこういう、のほほん伝奇アクションものを書くことがあるんだけど、その中でも、まあ普通だと思う。田中芳樹は”キャラクターを立てる”と言うことに関してはある種の職人芸的なところがあるんだけど、この手の話ではその手腕を封印している感じで、また、この人は物語の視野が広いタイプの作家なので、なかなか登場人物たちの目線に物語が降りてこないこともあり、普通に伝奇アクションを書こうとするとどことなく平面的な印象を受けてしまうところがあると思うので、やっぱり田中芳樹には歴史物を書いてもらったほうが好きだなあと言うことを再認識したのだった。まあ面白いんだけど。

|

« 買ったもの | トップページ | 『夜空の双子座に紅いバラ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16042989

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウェディング・ドレスに紅いバラ』読了:

« 買ったもの | トップページ | 『夜空の双子座に紅いバラ』読了 »