« 『永遠の戦士エレコーゼ(2) 剣のなかの竜』読了 | トップページ | 買ったもの »

2007.08.16

『食卓にビールを(6)』読了

02797051
食卓にビールを(6)』(小林めぐみ/富士見ミステリー文庫)読了。

これで完結と言うことだけど、もうなーんにも今までと変わったこともなく、いつも通りの食卓でした。本当に何も変わらない。大人の事情か。うひゃひゃ。だがまあ、それもまたこのシリーズらしいと言えなくも無いでもないような気もする(どっちだ)。いつ終わってもいいし、何食わぬ顔をして復活しても良いし、まあそんな程度の認識でいいんじゃねーかな。

内容は相変わらず日常の不条理コメディが突如として宇宙の存亡に関わる真剣な危機に直結し、主人公のどこか常人とは異なる脳の配線から生まれる機転によってからくも地球は救われるのであったと言う話であります。この主人公、ご近所で宇宙の危機を救い過ぎですな。さすが新時代のスーパーヒロインにしてカリスマ主婦(見習い)女子高生作家さまだぜ!属性を適当につければいいと思えば大間違いだぞ!?(お前がな)。あと、旦那さんがイラスト化されたのって初めてじゃね?今までに出てきていたっけ?とかどうでもいいところをつっこんでみる。

「食卓にビールを☆養殖篇」
本当になあ。生き物を飼うのってムチャクチャ大変だよなー。オレも昆虫は苦手。すぐ死ぬから。

「食卓にビールを☆太陽電池篇」
い、いや、そもそもそんなものが展示されている小学校の自由研究発表会ってのはなんなのよ!?…と言うツッコミは無粋極まるので自重すること。そこが良いんじゃないか。

「食卓にビールはありません☆双六篇」
銀河の危機を救う美少女戦士が凶悪なる魔と戦い世界を救うと言う物語のプロローグとエンディングに巻き込まれた主人公の前にあるのは心霊現象で、やっぱ銀河の危機より目の前の幽霊の方が怖いよね、と言う話だ。たぶんな。

「食卓にビールを☆探偵篇」
へっぽこ探偵に協力する主人公。なんと普通の探偵ものになっている…。主人公はとにかく頭が良すぎですね。カリスマ主婦には勿体無い。

「食卓にビールを☆おばあちゃん仮説篇」
主人公のコロンブスの卵的な発想により、とある民族紛争を終結に導いたネゴシエーターカリスマ主婦の未来に栄光あれ!あとこの数十年連れ添った夫婦の会話に、10代で何故到達しているのだ主人公…。

「食卓にビールはありません☆アニテク篇」
タイトルに意味がありません、と言うのは無粋なので控えること。まあ身内びいきはみっともないよーと言う話か?まあきちんと大人になれなかった駄目人間は全宇宙共通と言うことか。まあ家族も良くないよね、これ。何の話だ。

「食卓にビールを☆秘密基地篇」
ジョジョか!ジョジョネタが来るとは思わなかった!あと配管工。まあ不動産屋の甘言に乗るとろくなことはないから、きちんと取引する相手は選んだ方がいいよ。ところで秘密基地を取り扱ってくれる不動産屋ってどこにあるのさ?ねえ?

「食卓にビールを☆磁石篇」
……これ……バットエンドじゃねえのか!?いいのかこの終わり方で!?まあ運命の女と一緒になれたんだから、ある意味ではいいのかもしれないが…。騙されん、騙されんぞー。

「食卓にビールはありません☆3K篇」
恐怖の大王とアンゴルモワの大王の関係は素で知らなかった…。別の存在だったのか…。しかし、アンゴルモワは一体何をしに出てきたんだ?なんか浴衣の女子高生を書きたかったとしか思えん話だな・・・。

「食卓にビールを☆クリーニング篇」
お前はオレか!?クリーニング屋はもう一つのオレのクローゼット~とか。すいません。つか、重曹ってマジで最強!!あー今度世界が終わりそうになったときは重曹を用意しておけばいいじゃない。

「食卓にビールを☆相棒篇」
ハードSFミステリ…なんじゃないの(てきとー)。まあミステリの謎を解いたことで、事態が全然改善されなかったのは別の意味で驚いたが。

まあ、そんな感じでした。本当に終わったような気がしないのだが、それはそれでよし。ゆるーいゆるーい終わり方でした。だらだら家の中でビールを飲むような緊張感の欠片も無い話ですな。

…オレも酒でも飲むかな。

そんなかんじー。

|

« 『永遠の戦士エレコーゼ(2) 剣のなかの竜』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/16129238

この記事へのトラックバック一覧です: 『食卓にビールを(6)』読了:

« 『永遠の戦士エレコーゼ(2) 剣のなかの竜』読了 | トップページ | 買ったもの »