« 異世界の中での外来語だと認識しています | トップページ | 買ったもの »

2007.07.20

『新興宗教オモイデ教外伝Ⅰ 桜月事件~祓除探偵Zの冒険~』読了

02790456
新興宗教オモイデ教外伝Ⅰ 桜月事件~祓除探偵Zの冒険~』(原田宇陀児/ガガガ文庫)読了。

おおおお………このなんとも言えぬ奇怪なテンションは………いやすごいんだが…。しかし、なんと言ったら良いものか非常に困る。エログロに満ちた青春妄想小説であった原作小説を、原田宇陀児の手を潜り抜けた結果、原作の方向性を、見事に現代的に再現しているように思う。後半に向かえば向かうほどに高まっていくマグマのような焦燥が作品を更なる混沌に叩き込んでいく過程がまさしく圧巻で、その上で若者の鬱屈した苦悩が中心となっているところが、原作へのリスペクトに溢れて素晴らしかった。
ただ、原田宇陀児は大槻ケンヂに比べるとやや作品がイケメン過ぎるようで、探偵小説的な意匠を持ち込むことでメタミステリで作品を処理しまった結果、原作と比べると作品としての完成度が高すぎる。言い換えればおしゃれな作品になっているあたりに、作者のカラーが感じられるのが興味深かった。

|

« 異世界の中での外来語だと認識しています | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15818760

この記事へのトラックバック一覧です: 『新興宗教オモイデ教外伝Ⅰ 桜月事件~祓除探偵Zの冒険~』読了:

« 異世界の中での外来語だと認識しています | トップページ | 買ったもの »