« 買ったもの | トップページ | 異世界の中での外来語だと認識しています »

2007.07.18

『人類は衰退しました』読了

02790457
人類は衰退しました』(田中ロミオ/ガガガ文庫)読了。

今頃になって田中ロミオの感想を書いてみんとす。まあ僕は田中ロミオ信者であって、田中ロミオを全肯定出来るような人間だからして(米笑)面白くないわけが無いんですが、正直なところかなり手癖だけで書いているなあと思わないでもない。見た目清楚なお嬢様風の主人公が、結局、後ろ向きで衒学的で韜晦癖のある田中ロミオ的主人公の造型そのままだったりするだけでもファンには面白かったりするし、ついでに人類にかわって地球の支配者になった妖精さんのコミュニケーションを描きつつ、同時に人類との”異質さ”と”断絶”が滲み出てくるあたり、相変わらずの田中ロミオ的テーマで書いているんだなあと思ったりもするんですが、逆に言うとそれだけの小説だからなあ。そのコミュニケーションの断絶の向こう側をいかように描くのかが田中ロミオテーマの重要なところだと思うので。まあ作者本人も言っているけど、これは続編前提の話ってことなんだろうな。妖精さんと人類の現状を描いた上で、今度はその断絶がどのような意味を持ってくるのかが主眼になってくるんじゃないかなーと妄想。今回は読者がついてこれるのかの小手調べの巻ってことか(相変わらず傲慢だなー田中ロミオってHAHAHAHA)。まあ、とにかく続きを書いてくれれば良いと思うよ。

|

« 買ったもの | トップページ | 異世界の中での外来語だと認識しています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15804838

この記事へのトラックバック一覧です: 『人類は衰退しました』読了:

« 買ったもの | トップページ | 異世界の中での外来語だと認識しています »