« 買ったもの | トップページ | なにかの罠か… »

2007.07.02

『つばさ(3)』読了

027898970000
つばさ(3)』(麻生俊平/MF文庫J)読了。

本当にもうびっくりするぐらいに清く正しいジュブナイル。なんのとりえもない主人公が、少しづつ成長していく姿を堅実に書いていて、MF文庫ってずいぶん懐の広いレーベルだと思った。ヒロインの描き方も記号的じゃなくて、こんな純粋な女の子いねーよ!と思わず口にしたくなるぐらいに理想化の度合いが激しく、まさに(大人が書いているという意味で)児童文学的だった。しかし、その一方で今回の主人公たちは、地に足のつかない夢追い人たちが現実に打ちのめされていった姿を目の当たりにすることにもなり、すなわち夢と言うものは容易く敗れるものでもあるというジュブナイル的なものとは相容れないテーマを掲げてもおり(無論、その現実に対して何が出来るのかと言う点も重要ではある)、相変わらずどこに受容があるのか良く分からない作品だなあと思った。いや、僕はけっこう楽しいんだけどね。

|

« 買ったもの | トップページ | なにかの罠か… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15632109

この記事へのトラックバック一覧です: 『つばさ(3)』読了:

« 買ったもの | トップページ | なにかの罠か… »