« 『レンズと悪魔(3) 魔神攘戮』読了 | トップページ | 買ったもの »

2007.07.09

『超妹大戦シスマゲドン(2)』読了

02723181
超妹大戦シスマゲドン(2)』(古橋秀之/ファミ通文庫)読了。

感想を書くのをすっかり忘れていた例のアレ。まあ感想なんて書く必要があるものでもないようなアレ。仮にもマジキューなる萌雑誌に連載されていた作品のくせに、読者に萌えを提供しようなんて意図をナユタの彼方に投げ捨ててしまったアレ。だが一騎当千のフルハシ信者にとっては果てし無くインフレする熱血バトルをどう考えてもおかしな方向に持って言ったフルハシ先生の手腕に萌えざるをえないというアレでございます。本当になあ。少年漫画的なアレを妹的なもので良く分からない方向に投げ込んで石川賢状の何かに持っていった作品と言う印象ですな。捻れたユーモアの際限の無い悪乗りと、その悪乗りをきちんとコントロールをしている冷静さがあって、この冷静さについては賛否両論がありそうな感じもするが、その辺はフルハシ先生の含羞なんだからしょうがないよね、と言う。えーと、内容としては大会の黒幕が判明したり、超古代妹が復活して世界のピンチがピンチだったりするのを(兄妹)愛の力で乗り越えたりしつつ”空より来るもの”に向けてチェェェェンジゲッタァァァァー!じゃなくて弥勒菩薩が降臨しそうな妹力で「敵、無量大数!」(最近のネタ)とか。ぼく、うそをついていないよ?と可愛く言ってもこの興奮を伝えるには足りない(当たり前だ)。まあ気になる人はとにかく読んでみれば良いんじゃなーい?(なんてなげやりな感想)

|

« 『レンズと悪魔(3) 魔神攘戮』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15122846

この記事へのトラックバック一覧です: 『超妹大戦シスマゲドン(2)』読了:

« 『レンズと悪魔(3) 魔神攘戮』読了 | トップページ | 買ったもの »