« 何かに対処し続けること | トップページ | 『龍族 創世の契約(1)』読了 »

2007.06.27

『哀しみキメラⅣ』読了

027883350000
哀しみキメラⅣ』(来楽零/電撃文庫)読了。

お、面白い。おそらくは打ち切りであろう『哀しみキメラ』の4巻目なんだけど、見事なまでに綺麗な終わり方をしている。うーん、見事過ぎて見事と言う言葉しか出てこない。無論、それは作者の制御が行き届いていることから生じる予定調和的と言うか、おそらくはこれ以外の結末は無かろうという読者の予想を超えないと言えなくもないのだが、それを考慮した上でも、もっとも美しい終わり方だったと思う。奇跡は起こらず、しかし、それぞれがよりベターな結末を模索した結果であり、乾いた中にも一片の”哀しみ”があるのだ。まあ、打ち切りの影響か、七倉文尋に代表される同情と言う名の差別を初めとする、差別するものとされるものについての話しが、匂わされるだけに留まっていて、上手く回避されてしまった印象もある。ちょっと勿体ないような気がするけど、この作者の成長ぶりには、1巻から比べると雲泥と言うか、すごく上手くなった印象があって、次回作が楽しみになった次第です。

|

« 何かに対処し続けること | トップページ | 『龍族 創世の契約(1)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15579333

この記事へのトラックバック一覧です: 『哀しみキメラⅣ』読了:

» 哀しみキメラ 4 [ライトノベルっていいね]
哀しみキメラ 4 著者 来楽零 イラスト 柳原澪 レーベル 電撃文庫  最後はこうなったか。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございます。  あなたにすべての良... [続きを読む]

受信: 2007.07.13 18:04

« 何かに対処し続けること | トップページ | 『龍族 創世の契約(1)』読了 »