« 『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』読了 | トップページ | 『セカイのスキマ(3)』読了 »

2007.06.11

『かくてアダムの死を禁ず』読了

027613030000
かくてアダムの死を禁ず』(海冬レイジ/富士見ミステリー文庫)読了。

ほとんど松竜氏のイラストが目当てで買ったようなこの作品ですが(表紙買いをしている人がここにいますよ)、正直なところやっぱり表紙買いはやめたほうが良かったと思った一作。つるつる滑りまくるギャグにはどう反応したらいいのか本気で困るんだけど、それはそれとしても胡蝶の夢的な解釈としてはツッコミが足らんと言うか単にラノベ的世界観を説明しているに過ぎないので、別に無くても良かったのでは…とか思った。まあハッタリは大事ですが。

ついでに言っておくと、どうもこの人の書くキャラクターは上手く把握出来ない…。キャラクター性が完全に記号化されていないことから生じる不安定さとでも言うものを感じてしまった。どういうことかと言うと、真面目でシリアスな顔をしていたら、いきなり2頭身のギャグキャラになってしまうギャップがあって、それが単にギャグパートだけでやっているわけではなくて、全体的にそんな印象を感じる(まあ、こっちでギャグとシリアスの線引きが出来なかっただけなんだけど)。ただギャップ萌えと言うものは、それまで積み上げたキャラクターの前提があってのものなので、突然表われた登場人物がいきなり壊れられてもついていけないなー、と言う感じ。なんか、この作品内におけるキャラの原型がつかめないんだよな。なんか文化的背景が存在するのかしらん。

ライトノベルって難しいなあ。

|

« 『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』読了 | トップページ | 『セカイのスキマ(3)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15387183

この記事へのトラックバック一覧です: 『かくてアダムの死を禁ず』読了:

» [書評][海冬レイジ][かくてアダムの死を禁ず][ミステリ][魔物/妖怪][★★★★]かくてアダムの死を禁ず [いつも感想中]
かくてアダムの死を禁ず 作者: 海冬レイジ 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/03 メディア: 文庫 あとがきの作者に対して「面白かった!」。 ストーリー 巨大資本である桃原グループの次期総帥でもある少年・桃原誓護(ももはらせいご)は妹の祈祝(いのり)と一緒... [続きを読む]

受信: 2007.06.12 00:40

« 『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』読了 | トップページ | 『セカイのスキマ(3)』読了 »